目次 : 他


| next >>

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.3月の歌 第Ⅰヨハネ3章18節 

2014.3月の歌
「第Ⅰヨハネ3章18節」
子供達よ。私たちは、ことばや口先だけで 愛することをせず
行いと 真実をもって 愛そうではありませんか。


[広告 ] VPS


今日、夕方の飛行機で九州に介護帰省します。
3月だというのに真冬のような寒さですね。
皆さんも体調にはお気を付け下さい。いってきま~す!
スポンサーサイト


5匹のこぶたとチャールストン 






女々しくて / ゴールデンボンバー 

女々しくてっ!女々しくてっ!女々しくてっ!

memeshikute_goldenbomber.mid
(4'04'' / 29.1kb / F)

楽譜(JPEG)はこちら↓
※弾けない人間が耳だけを頼りに書いたので、たぶん弾きにくいです。
ゴールデンボンバー / 女々しくて(1)ゴールデンボンバー / 女々しくて(2)ゴールデンボンバー / 女々しくて(3)ゴールデンボンバー / 女々しくて(4)ゴールデンボンバー / 女々しくて(5)


こんにちは、ブログを陰で運用している ふこ です。

最近、巷で大人気の曲です。私はすっかり彼らの大ファンです。
大好きで大好きで、好きすぎるあまり久しぶりに楽譜に書き上げました。

今回は、がんばれば一人で弾けるタイプです、たぶん。
私はへたくそで弾けないので、弾ける方は個人の利用に限り、挑戦していただけると嬉しいです。
気が向いたら、禁じられた遊びのmidiみたいに打楽器やらいろいろ加えて再アップしたいと思います。



耳コピしてて思ったのが、和音や変調が実に絶妙で、改めてキリショー天才!と感動いたしました。
結構、暗くて苦しい思いを詞にした曲が多いゴールデンボンバーですが、
ノリノリな曲を当てることで、聞き終わる頃には辛いけどがんばろう!という気持ちになります。
ライブでは重い歌詞から一転、音を楽しむことだけに一生懸命なところも素敵。
目をつぶってじっくり聞いても、リズムに乗って踊ってもどちらでも楽しめます。
とにかく今一番好きで応援したいアーティストなんです。

これからもがんばって、ぜひ今年の紅白にも出てほしいですね!


神様からの語りかけ 

声が出なくて苦しいときに、この詩に出会いました。
そして、曲をつけて歌ってみたくなりました。
まだまだ、未熟な曲&歌ですがお時間のある方は、聞いて下さると嬉しいです。


[広告 ] VPS


乾杯の歌(二重唱) 

コンサートで歌ったヴェルディの「乾杯の歌」二重唱です。
ソプラノを歌っているのが、私です。
皆さんに幸あれ!!乾杯!!
No.9kannpainouta.mp3
(3'07''/ 160kb / S)




愛につつまれて 

去年、同じ教会員のI兄から、この詞を手渡されましたが最近やっと、曲ができました。I兄は、現役の高校の先生です。コラムや文章の勉強を続けてこられました。学校の思い出に今度、教会でもみんなで歌えたらいいなと思っています。私が作ると、明るくなるようですがこれも個性と思って聞いてくださると嬉しいです。元気がわき出てくるような曲にしたかったのですが・・。

ainitutumarete.mp3
(2'16"/2126kb/s)

さくら舞い散る トラックの
汗のしみこむ コースライン
あなたはけっして 見捨てはしない
若者のあした 望み与えるため
いつまでも いつまでも
一緒に歩いてくれる

銀杏並木の トラックで
土にしみこむ 涙の痛み
あなたはいつも 背負ってくれる
若者のあした 切り開くため
あなたにすべての 苦しみ預けたい


桜の精 

TOKKOさんの作詞に曲をつけさせていただきました。
この詩を読んでいたら、ある聖句が浮かんできました。
「愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。『復讐は、私のすることである。私が報いをする。』と主は言われる。 
ローマ12章19節」
 
 赦しだけが『恵みでないもの』の鎖を断ち切り、非難と怒りの循環に終止符を打つ。赦しが不公平であることは、即座に認めるが・・。赦しは打開策を提供する。関係のやり直しを計り再出発を提供する。人間だけがこの最も不自然な行為をすることが出来る。
赦さなければ自分自身を過去に封じ込め、変化の可能性を全て締め出してしまう。だから、自分自身のために赦すのだ・・・。
           フィリップヤンシー『この驚くべき恵み』より
もう少し先ですが、桜の季節にふさわしい赦しのテーマで曲を書いてみました。
桜の精  詩:TOKKO 曲:さよ
(2'51"/2675kb/mp3/s)


満開の
桜の花に雨が降る
打ちつける雨音に
悲しさを閉じこめて
それで全てを
忘れてしまいなさいと
あなたの声がする

夜桜の
花びら散らし風が吹く
舞い散る花に(びらに)
憎しみを封じ込め(て)
それで全てを
なかったことにしなさいと
あなたの声がする

今夜
咲き誇る桜が散っていく
悲しみと共に
憎しみと共に・・・

だんだんと
あなたの
声が遠くなる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。