目次 : 月別 2005.08


| next >>

街の音楽 

 私は、街を自転車で走っているとよく、音楽に遭遇する。
 まず、ゴミ収集車のトラックの曲は、多彩だ!
A市の可燃ゴミ収集車曲・・・五木の子守歌。
A市の不燃ゴミ収集車曲・・・可愛い魚屋さん。

N市のゴミ収集車曲・・・赤とんぼ。
N市の不燃ゴミ車は、曲をならさない。ガガガ~と騒音のみ。
生協の配達車の曲・・・山の音楽家。

毎週火曜日にマンションに軽自動車で来るパン屋さんの曲・・・ゴセックの「ガボット」。

 私は、N市に住んでいるが、A市に近いのでお隣の曲も良く聞こえる。毎週火曜日は、双方とも可燃ゴミの日なのでこれらの曲が一斉になる!「ぁ!今日は、N市のゴミやさんが収集時間が早い!」な~んてのも解る。火曜日は、パン屋の曲もなる。一日中町は、童謡に包まれている。たいがい、A市よりもN市の収集車の方が早く来る。寝坊しようものなら大変だ!夏は、次のゴミの日まで部屋が生ゴミの臭いでくさくなる!

 もう一つの街の音楽は、今盛んに鳴いている蝉だ。ここに越してきてから8年あまり、少しづつ庭の木にもこのマンション生まれと思われる蝉が増えてきた。朝から晩までジジジと良くなく。それに庭の木がちょうど、4階の高さぐらいまで伸びてきたのでうちのベランダには、毎日蝉が飛び込んでくる!・・・タンゴは毎日蝉を楽しみにしている。

 昨日は、近所の子が4人でさよのうちに蝉取りに来たぐらいだ!4人が自分の背丈の倍くらいの虫取り編みを持って入ってきたものだから、もう大騒動だ!~~一番騒いだのは、猫のタンゴ!あわてて出てきて小さい子が大きな黒猫を見てびっくり!そのひょうしに頭をドアにぶつけて泣き出してしまった!あ~あ。

 タンゴ!やっぱりお前はでかすぎるんだよ!怖がっているじゃないか!・・・いや、怖がっていたのは、タンゴだったのだ!その大きな鳴き声に驚いて押入に隠れてしまった。その子供達が帰った後も暫く怖がって出てこられなかったんだ!・・・タンゴ。お前は、気が小さいのは解るのだが、見た目は、大きくて怖いんだよ!もっと自覚して痩せなきゃね!

 また今日も、命短き蝉がベランダに飛び込んでいる。
「ベランダや あわてて飛び込む 蝉の声」
「黒猫は 飛び込む蝉に 目を見張り」  幕。


オタク 

 人と話をしていても「え!そんなことやっているの。あなたってオタクねェ。」・・・など、よく言われることがある。
しかし、オタクって響きが悪い!仲間同士で村八分にされた様な感じに聞こえる!
 ”オタク”であることがいかにも悪いような印象を与える。”おたく”を辞書で調べてみた。・・・
?相手の家の尊敬語
?相手の夫の尊敬語
?相手または相手方の尊敬語
?(多く片仮名でかく)特定の分野・物事にしか関心がなく、そのことには異常なほどくわしいが、社会的な常識に欠ける人。仲間内であいてを「お宅」と呼ぶ傾向に着目しての称。

 ・・・つまり、ある一点ばかり知っていて常識がない人のことらしい。最近は、使い方間違えてないのかなあ。・・・趣味に凝っていて、ちょっとつきあいが悪かったりするとすぐ、「オタクねえ」って事になる。

 専門家だって究極のオタクであるし、また、おたくと言われるほどでなければ専門家とは言えないと思う。また、あることに一生懸命になると少々常識に欠けるところも出てくるかもしれない。
 でも、”専門家”と言う言葉は、響きが良い。ものしり先生っと言う感じかな?・・・これは、尊敬されるかもしれない・・・
じゃあ、専門家は、常識が解っている”おたく”のことかなあ?
~~いいや、殆どの人は、同じ意味だと思っているらしい。。。

 たとえば、音楽家だって専門家の音楽家なのか、おたくの音楽家なのか、専門家と言えばちょっとかっこいい!でも、”オタク”と言えば音楽バカに聞こえる。

 テレビオタク、ゲームオタクなんて言ったらそれこそ、目がいつも真っ赤っかでゲームやテレビの話ばかりで場を盛り上げる人だろうか?
 芸能人を追いかけるとか、ファンもオタクかな?・・・

 ある人は、さよの事を「運動オタク」と言っていた。
しかし、わたしはもともと運動嫌いだ。歌を続ける為に運動をやっている。TOTOさんもコンピューターを続けるために運動をしている。運動選手になるほどの体力は持ち合わせていない。・・・だから2人とも本当は、自分の好きなことを続けるために運動をやっている。つまり、運動は手段であり目的ではないので、運動オタクではないことになる。

 ・・・結論!オタクと言われている人は努力をする人のことだ!・・・と良いように勝手に解釈した。「あなたオタクね」と言う方が本当は羨ましいのかもしれない!と思うことにしよう!
 若作りもオタク、スポーツ選手もオタク、サラリーマンも先生もそれなりのオタク、政治家もオタク、牧師先生もオタク・・考えてみると社会は、オタクの集団で出来ている。 
オタクがいなかったら、社会は成り立たないのだ!

 オタクとは、熱中して出来ることを持っていると言うことかな?
オタクじゃなかったら空しい日々にならないだろうか・・・?
「あなた、オタク持ってないのぉ?淋しいわねえ。」な~んて。


本当にこれで温暖化阻止になるの? 

 今朝、あるチラシが入っていた。近くのスーパーの、営業時間AM10:00~PM9:00までだったが、AM9:00~翌朝AM1:00までにするというものだ。
スーパーもそうしないとやっていけず客がコンビニなどに取られているんだと思うが、・・・

 ”石油がたりないたりない。”と世間では、騒いでいてもこの社会の構造自体が変わらないからどんどん阻止どころか、逆にすすんでいる。
 今朝の新聞の広告は、一面土色の紙面の表紙で「地球温暖化」がテーマだった。じゃあ、どうすれば温暖化の阻止が出来るのだろうか?
 「温暖化は、先進国が途上国に車やクーラーなど売りつけているからだ」「南太平洋ツバル”島が沈む”」「海面上昇100年で最大88センチ」「ハイチハリケーン死者1650人」「既に北極の氷が半分に!」「首都圏まるで亜熱帯」・・・・・

 ~~こんなニュースばかりなのにどうして私たちの身の回りでは、逆行するようなことが起こっているのだろうか?~~ここにも人の考え方、利益、競争そして生活、が見え隠れする。うちの隣のスーパーだってもう2年ぐらい前から年中無休、夜中も開いている。電気代凄いんだろうなあ。そんなに夜中も開けていてメリット大きいのかなぁ。

 でも今から江戸時代の時のような生活に戻れ。と言っても無理だよなぁ。
この前、テレビのコマーシャルで「僕が子供の頃は、クーラーなんてなかった。だから君も頑張れ!」な~てのが流れたが、私たちの子供の頃は、暑いときでもせいぜい32~33°程度だったと思うなぁ。今は、どうかすると37°なんて信じられない気温になるもの。・・・今の方が厳しいねえ。

 いつか石油がなくなってみんなが電気を使わない生活をせざるを得なくなったとき、気がつくのかなぁ。水だって石油がないと各家庭まで届かないそうだし・・私たちの生活は、本当はかなりもろいよねえ。石油、節約生活真剣に考えなきゃ!


いじけタンゴ 

 最近、夜いつも蚊に悩まされる。網戸に5?程度の穴があちらこちらに開いているので蚊が入ってくるからだ。さよは、ガムテープをはりしのいでいた。この穴は、メリーが開けたものだ!

 メリーは、調子の良いときは助走をつけて網戸めがけて走ってきて網戸にしがみつく。ちょうど、前と後ろの両足を大の字に広げ、ムササビが張り付いたような状態になる。そして、爪が網戸に引っかかり動けなくなる。一生懸命動こうともがいているときに網戸の破れはどんどん大きくなっていく。リビングの網戸には、その後が何カ所もある。

 夏になると、その穴から蚊が悠々と出入りしている。4階までも蚊が昇ってくるのだ。TOTOさんが休みになると、さあ!出番だ!・・・網戸の張り替えが始まった!業者に頼むといくらかかるのか知らないが、引き戸一枚分の網戸の値段は、780円。張り替えにかかる時間は、素人なので1~2時間かかる。もう何回目だろうか、猫のために網戸を張り替えるのは・・

 そのたびに、猫が外に出ないように別の部屋に閉じこめる。でもタンゴは、TOTOさんのやっていることが気になって仕方がない。TOTOさんが「こら!こっちに来るな!」と、タンゴをしかりつけた。タンゴは、しずしずとピアノの下に入り込み動こうとせず、にゃん!ともスン!とも言わずいじけてしまった!「タンゴ!」と呼んでもじっとこちらを見つめたまま。びくりともしない。・・・おお!!猫もいじけるのか!と発見!

 しかし、それは長くは続かなかった。時間が経つにつれ、まだ終わらないの?まだなの?と2匹の猫は、リビングの見えるドアから「ミャホミャホ!」と身体に似合わず高い声で可愛らしく鳴く。
 タンゴは、身体はでかいが顔が小さいからか、声が高く仔猫の鳴き声に聞こえるのだ。
 TOTOさんは、だ~らだら汗をかきちらしながら張り替えた網戸にあせ染みが出来ようがかまわず一生懸命網戸の交換をする。せっかくの休みも器用な人は、大変だ!!

~~できた!さあ、これで今日から蚊に悩まされなくてすむぞ!「ほら、猫ども!もういいぞう!解放だ!」・・・・すっかり待ちくたびれて、いじけ虫はどこかに忘れてしまったタンゴは「ニャニャ!ミャホ~!」と、素直におとなしく待っていたメリーは、無言でしかし嬉しそうに、2匹はまた、新しい網戸にしがみつく!網戸が、動かせないほど、しっかり網戸に寄り添って!~~そんなに好きなら、網戸の掃除宜しくね!猫たち!


うるさい解説者 

 最近のスポーツ解説の人たちは、言葉が多くて耳障りな人が多いように感じる。
それに声がかん高い人だったりするともう、神経が逆なでされる思いだ!

 いま、世界陸上をやっている。気になってみてしまうんだが、せっかく男子のマラソンもあの早口でかん高いしゃべり口で、いらついてしまう。
 なんだか、アナウンサーの古○さん以来解説は、うるさく言うモンだというのが定説になってしまった観がある。

 それとともに、黙っていると不安に思う人が多くなったんじゃないだろうか?心が落ち着かなく、静にしていると気持ちが安定しないらしい。
それが、テレビにも反映してきているように思える。クイズ番組もやたらと以前よりはうるさくなった。

 我が家のヒット番組は、ニュースだ!・・・一番静だからである。
ニュースがないとテレビを消してしまうこともある。久々に世界陸上を楽しみにしているとあのしゃべりまくりだ!まだ、女性のマラソンの方がアナウンスは、ソフトだった。増田明美さんは、耳障りな声じゃなくソフトで良い!

 今の若い人たちは、うるさい方が楽しいと感じるのかもしれない。育った環境の違いかなあ?


H~G~H~G~? 

  私は救急車やパトカー、屋台のチャルメラ・・(要するに生活音であるが)・・を聞くと音にしたくなる。私たちがいつも使っているド、レ、ミ、ファ、ソ・・・の言葉は、イタリア語(do,re,mi..)ですが、ドイツ語でもよくあらわされる。C..ツエ(ド)、D..デェ(レ)、E..エ(ミ)、F..エフ(ファ)、G..ゲ(ソ)、A..ア(ラ)、H..ハ(シ)と言う具合。コード読みは、英語なので少し違うけど。

 チャルメラは、ドレミ~レド、ドレミレドレ~もしくは、ソラシ~ラソ、ソラシラソラ~。ドイツ語では、CDE~DC,CDEDCD~(ツエ、デ、エ~デツエ、ツエデエデツエデ~)もしくは、GAH~AG,GAHAGA~(ゲアハ~アゲ、ゲアハアゲア~)となり少し言いにくいが、救急車やパトカーのサイレンは、ソとシの音で構成されている。それをドイツ語にすると、G~H~G~H~G~H~(ゲ~ハ~ゲ~ハ~ゲ~ハ~)・・・口ずさんでいるとどうしてもハ・ゲ・・・・になってしまう。(髪の毛が気になっている人、ごめんなさい!)
 どうもこの手の生活音は、ハ・ゲ・・・の音が多い!

 私は、絶対音感がなくて良かったと思う。昔は絶対音感を持っている友達が羨ましかったが・・・
 彼らは、生活音も絶対音で聞こえる!きっと隣の工場の騒音もドレミ・・・で聞こえてしまうだろう。チャルメラや救急車だけではない。どんな音でもドレミ・・・で聞こえる。すぐ、五線譜を出して楽譜にするには、便利かもしれないが、・・・。

 私だったら、気がおかしくなるんじゃないかな・・耳鳴りもドレミで聞こえるとしたら、常に音が気になってしょうがない。

 ハ・ゲ・・・と聞こえてもほどほどの音感で、生活に影響のない程のハ・ゲ・・程度のことで私は、救われているんだ!ちなみに私の耳鳴りの音は、高めのレの音であるが・・・普通であることの幸せを感じる![:カラオケ:]


ラジオ体操第1! 

 私のマンションの隣に、○○伸銅という工場があります。銅や鉄をいろいろな部品に加工しているのです。ちょうど私の部屋はその工場のタービンの真っ正面にあり、ここに来た当時は、かなりうるさく感じていました。慣れないと騒音に聞こえます..慣れたら、耳鳴りか騒音か解らなくなりましたが・・・

 毎朝8時、この工場ではラジオ体操第1が始まります。7時55分体操前の予鈴のサイレンがなると、「さあ体操の準備だ!」とこちらも気を引き締めて待つんです。
 いつもこの時間は、TOTOさんが会社に行く前で朝食を取っていますが、さよは、その隣でこの工場のラジオ体操の曲に合わせて体操を始めるのです。

 いやぁ。暫くラジオ体操もやっていないと忘れるものです!「あれ?次どうだったっけ?」なんて、考えてるとTOTOのかけ声が飛びます。「ほれ!もっと気合いをいれて!しっかりやらんか!」

 最近、このラジオ体操って結構運動になるんだな。と感じるようになりました。疲れるのです。暑いときは、くたくたです。・・・第2もやってくれないかなあ。

 しかし、工場が休みの時はもちろんありませんし、日曜日でも工場がやっていると流れます。そしてこの工場のサイレンは、朝7時とお昼の1時、夕方5時にも毎日なります。始めは、非常ベルかと思いましたが・・・

 慣れとは恐ろしいものです。何時だったかマンションの非常ベルが誤作動でなったとき・・・「あれ?ちょっと今日は、面白いサイレンね!いや?あれはもしや非常ベル!!?」と、自覚するのに時間がかかってしまいました!だってね、非常ベルの方が音が小さいんですもの!!・・・本当の非常事態の時、聞き分けられなかったらどうしましょ![:家:]