目次 : 月別 2008.06



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思い出のハイビスカス 

 いつものようにさよは、老人ホームで音楽ボランティアをすませ、帰ろうとしたときでした。あるヘルパーさんが、「亡くなられたおかあさんのハイビスカスが、ヘルパールームで毎日綺麗に咲いているのよ!」と教えてくださったので、見せて貰いました。

 ヘルパールームは、3階にあります。そのベランダにハイビスカスが置かれてありました。いつも外に置いてあるそうですが、以前、義母が部屋に置いていたときは、10cmくらいでもう枯れかかっていました。ところが!!さよの見たハイビスカスは、不思議にも1mくらい伸びていて花も3~4個つけています。2年でこんなにも伸びるんでしょうか??「毎日、みんなで水をやってかわいがっていますよ!」と言われ少し嬉しかったです。

 普通は、ハイビスカスは、南国の花なので関東で幹が伸びているのを見た事がありませんが、この場所は、丁度エアコンの室外機の下で年中、暖かいようでした。お義母さんの忘れ形見は、こんなところでヘルパーさんの心を和ませているのでした。
スポンサーサイト


不思議な偶然 

 クリスチャンではない人は、思いがけず幸運に恵まれたことや運がよいことを単なる偶然だと思われるかも知れません。でもクリスチャンは、偶然ではなくそれは全て神さまの力だと考えるのです。日常の何でもない事柄の中にもそんな不思議な導きが潜んでいます!
 ・・・教会を離れて1年以上経ったTさんに偶然、引き合わせれました。
 さよは、久しぶりのお休みでほっとしていたときでした。牛乳が足りないので近くのスーパーに、あわてて買いに行き、やれやれと荷を下ろした時、電話が鳴りました。そのスーパーに隣接しているクリーニング店からです。「ホットカーペットカバーが届いています。お引き取りをお願いいたします。」さよは、「え~!今、スーパーから帰ってきたところですのに!!」・・・と言いながらもしょうがないと、そのクリーニング店へ行きました。荷物を引き取ったところ伝票の不備が見つかったので、問い合わせして貰うことになり連絡を待っていました。

 そうしたら、店の前にTさんが自転車で現れたのです!
もし、店からあのタイミングで電話がなかったら・・・いつもだったら時間がなくてもう一度スーパーに行けなかったと思いますし・・・品物をすぐ引き取って帰っていたら・・・会えなかったでしょう。小さな不思議な積み重ねが偶然にも起こり、さよは、Tさんに会えたのです。そして、そのお店の前でなんと2時間近くも神様の話で盛り上がってしまいました!!Tさんは、さよに会えたことを大変喜んでいました。精神的に気分がすぐれず悶々とした日々を送っていたようでした。時々イライラすることもあると言っていました。「神様に立ち返ろう!お祈りしよう!教会に戻ってきてね!」と言って別れました!

 ちょっとした、意見の食い違いから自分の意地もあり教会から遠ざかったTさん。昔、さよは先輩のTさんの笑顔が大好きでした。今は、笑わないTさん。
 でも、神様がTさんの事を忘れず待っていてくださるんだと実感しました。


うこん 

 ある日、さよはジムの帰りに近くの農家で作ったお野菜を売っているお店に立ち寄りました。地元のものだから安くて安全な~んて思わない方が良い・・・とTOTOが言っていましたが、殆どスーパーで売っている値段と同じくらい。・・・思っていたより高い!!うう~~ん!これじゃ生協さんで新鮮な野菜を頼んだ方が良いかも・・・
 
 さよの目にとまったのは、ある主婦。ショウガのようなものを品定めしているのでした。「あのぉ、それショウガですか??」「いいえ、これうこんなんですよ。」
 「え?うこん?何に効くんですか?」「胃腸にいいんです。」「ゲップなんて治るかしら?」「はい。でませんよ。これを天日で干してからからにしたら、粉にして毎日少しずつ飲むんですよ。」・・・・と聞き、さよ一袋180円と安さのうこんを買って帰る。
1.まずうこんの皮をむきスライスした。手もまな板も真っ黄色だぁ!それにうこんのこの匂いかなりきつい!薬のにおいだ・・・
うこん1うこん2
2.天日干しは、曇りが続いたため2日。
うこん3
3.それをミキサーにかけ粉にする(さよの持っているものでは、粉には、ならず小粒程の大きさになった。
4.保存は、容器へ。早速試してみると、次の日スムースなお通じ・・しかし飲み過ぎには、注意らしい。天然うこんききめありそう・・・
うこん4


わんこ家族 

 久しぶりにTOTOさんのふるさとへお墓参りを兼ねた里帰りをしました。
お墓参りのあと、わんこ+家族のアンままさんのおうちへお邪魔しました!!
 久しぶりのアンままさん宅での休日。わんこもさよたちの車がつくや否や歓迎の叫びワンワン!!・・・おお元気元気!!
左は、わんこ家族。右は、アンディくん。
わんこ家族アンディ
ルビーちゃんとひめちゃん。カメラに近すぎてつぶらな瞳がぼけました!
ルビーヒメちゃん
あんままさん。怪我をした指は治ったようです。良かったね。もう、あわてないでね。
この日、TOTOさんが言うには、妙に女性が元気に見えたとか・・・?
さよにも「よくけらけら笑うよな!“メゾン一刻”の下宿屋のおばんみたいだぞう!」だって!・・・そんなに太っちゃったかしら・・?

続きを読む »



出版記念会 

 今週、月曜日さよはある牧師先生の出版記念会に出席しました。
その先生は、神学校の元校長先生で今回初めて、説教集を出版されました。
お祝いの席で歌わせて頂き、歌を続けてこられたことを感謝しました。
神学校が出来たばかりでとてもすばらしいところでしたので、ご紹介します!
神様は、こんなに便利な場所に、本当にすばらしい神学校の会堂や宿舎を計画され守ってくださっているのですね!!
左は、神学校の入り口。右は、中にある礼拝堂です。
出版記念会1出版記念会2
下の写真。左は礼拝堂の講壇。右は、天井の両側にあるステンドグラス
出版記念会4出版記念会3
 現在、50名ほどの神学生が宿舎にいます。フィリピンからの留学生もいるそうです。結婚式もできます。昔、アメリカから来られた宣教師によってこのあたりの土地を取得されいま、土地の半分ほどを、スーパーやマンション、劇団等に貸し出し、その収益で運営されているそうです。神様のみ技は、不思議です。


朝祷会全国大会 

  朝祷会全国大会
 第47回 朝祷会全国大会が今年は、熊本県で5月23日(金)~5月25日(日)行われました。
さよは、アメリカから帰って10日ほどしかありませんでしたが、全国大会が熊本に回ってくることは、10年に1度くらいしかありませんので是非、行きたいと申し込んでしまいました。

 それで、(アメリカ旅行記の方は、自動で更新出来るようにしておりました・・)23日(金)AM5:00に家を出てTOTOに駅まで送ってもらい羽田空港直行バスに乗り込みました!AM:8時15分発の飛行機でいざ九州へ。

 ※朝祷会というのは、その名の通り全国のそれぞれの地域で、教団教派を問わず(カトリックも一緒です)祈り会を持っているグループです。祈りたいという人たちが、(ノンクリの人も時にはいます)いつも熱心な祈りを捧げています。また、いろんな情報交換の場でもあります。

 23日13:00から、開会礼拝が始まりました。今年の大会主題は「殉教者を想い、ともに祈ろう」。ヨハネ福音書12章24節・

・・初日は、開会礼拝・・・信仰に生きることは愛に生きること=身近な人への愛に殉教の心を=これは、カトリックの神父さんの話でした。記念講演・・・「20世紀の殉教者キング牧師」。15:00からの“祈りの時”では「神は時の流れの中で導いてくださる」~ホスピスでの学び~と題して病院でホスピスのお仕事をされているシスターの方のお話でした。

 愛餐会では、讃美や証しのアトラクションの他、「アグネス」という音楽劇のビデオをダイジェスト版で紹介がありました。これは、本当にあった殉教したアグネスと言う女性の話です。この事実は、地元では知られていませんでしたが、フランスでこの物語が伝えられ最近、地元でフランスでの資料を元に音楽劇が行われたものです。・・・さよはこのDVDのコピーを譲って頂くことにしましたので教会の皆さんにも紹介出来ることと想っています。

 引き続き2日目は、朝、6時30分より早天祈祷会。朝食の後、祈りの時で九州ルーテル学院大学学長さん(牧師さん)の「一粒の麦の秘儀」は、面白い話をされました。この方のお孫さんは、むかしNHKのアナウンサーだった久保○子さんだそうで・・・。

 その後、特別講演と題し、「信仰の自由・宗教の自由」~キリシタン時代の一考察~カトリックの司教さんのお話でしたが、私たちが知らない昔の殉教者の方々について、調べている方でした。・・・さよは、この話には心が痛みました。殉教者は、子供を含む家族だったり、多くの殉教者は、普通の家庭人だったのです。殉教されている方達は、殆どカトリックの人ですから、プロテスタントの牧師先生は、何もこのことについて触れられたことがありません。(・・すくなくともさよは、聞いたことがありません)

 

続きを読む »



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。