目次 : 月別 2010.10



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今どきの・・・? 

 今どきの若い人は・・と言うと、随分自分が歳をとってしまった感じがします。それとも、私が過去の人間になってしまったのでしょうか・・?
 昨日も今日も自転車に乗っていて、高校生らしき子供から怒鳴られてしまいましたよ。・・・私は、知らんぷりしましたが・・ね。

 昨日は、暗くなって自転車で急いでいたところ、前方から自転車が来たので左にそれようとしたら、左に来たので右に切ったらまた右に・・仕方なく左に切るとすれ違いざまに・・「このやろ!!フラフラしやがって!!」
・・・・『えー?こんな若造が、知らん人に対して言葉使い・荒い!!』と思いましたが知らんぷり!

 今日も肩を組んだり触ったりしてイチャ、イチャして歩いていた高校生らしき制服を着たアベック。
 自転車も通れる歩道を塞いでいるので、通り抜けられず私が来ているのを知っていてもよけないので、ベルを鳴らすと・・「xxxxoooo!!てめー!!」と・・。高校生!!なのに。大人に対する口の利き方も何もあった物じゃない・・!!

 昨日も今日も、これは特別じゃないのかも知れない・・・。
たまたま、異常な子達に会っただけなのか・・・
これからの日本どうなるの??と、ちょっと不安になった・・。
スポンサーサイト


ニャンコの留守番 

 は~~い!やっと頭がすっきりしてきた今日この頃!!
思えば長かったなぁ・・・・。歳には勝てないと思い知らされた2週間・・。しかし、そんなに寝ているわけにはいかない!!

 必要最小限に物事を切り詰めて、必要な時のみ動く。必要なことだけしかしない・・・。食事の支度は、必ずしなければならないけど。あとは、休養。

 めったに寝込むことのない、体力に自信を持っていた私ですがもうこりごり・・・。普段の夜更かしは止めよう!!無駄使い?も止めよう!!
 ・・と、初心に戻ったのですが・・。
 どうしても、頼まれていた約束を断り切れずに出かけたとある日。
帰宅し玄関のドアを開けた途端に、なんだかジャバジャバ水の音!!!
「え??何で水の音がするの?お風呂かな?いや、炊事場の水道?!」
おおー!!大変なことに!!

・・以前から、いたずらチャチャちゃんは、浄水器のホースをカミカミする癖があり、その後もず~~~っとそのくせ治りません!!!!
 ニャンコには、やさし~いTOTOさん。ホースを噛みきられる度に新しく治してくれます!!一週間に1~2度は、なおしているのですよ!!
・・・ホントに毎回毎回、丁寧にかみ切りにくい様にホースにテープを厚めに巻いてくれるのです。ご苦労さん・・私には、あんな事出来ませんよ!!

 そんな苦労つゆ知らず、チャチャちゃんは、新しくなる度に思いっきりがぶついていました!!我が家の浄水器は、しょっちゅう水漏れ注意報なのです。
 この日もいつものようにホースを引っ張り出してがぶついたらしく、ホースが上方に盛り上がって、水道の蛇口を押し上げ水がしたたるどころか、勢いよくジャージャー、流れているではありませんか!!
 ・・・何時間流しっぱなしだったのか!!もう!!と怒っても、アホチャチャには、わからん。
・・・それで今月水道代がいつもより900円高かったのかしら・・?としょうがないから一人で怒っていると、TOTOは、「そのくらいなんだ可愛い猫だろ・・。」と言うし。
ま、猫のことだからしょうがないか!!と、赦すことにした・・。

 次の日、私が夕食の食事の支度をしていると、何だか、何かの音がし出した!!?『あれ??何だろうあの音??どこかで聞いた様な・・・。』
 音の方向を見ても誰もいない。ただ、ニャンコがあわてて飛び去っていった??「あああ~~~!!足もみマッサージ器のスイッチが勝手に入っている!!!」ふこさんが、使った後、コンセントを外してなかったのでスイッチが入ってしまったのだ。「こら~!」と怒ってもしょうがない・・!
 また、ある日は、洗濯機のスイッチも入れてくれるじゃないか!!
ピージャバジャバ・・・と動き出した。
 「こら!!いい加減にして!!」と怒っても解らない猫。

 でもね。最近寒いためか、毎晩チャチャは、布団に入ってきては「寒いよう寒いよう・・」人の顔をべろんとなめて足間でひっくり返っている・・その姿は、やりたい放題でも可愛いから仕方ないか!!と思わせる。ああ、猫好きの宿命!!猫天国の我が家!!
 猫と一緒に寝ると寝返りが打てなくて肩が凝るよ!!
・・と、足下で気持ちよさそうに寝ている猫をけっ飛ばしているこの頃である。ヤレヤレ・・


コンサートが終わって・・! 

 10月10日(日)“楡の会コンサート”やっと終わりました。
40年間も続いて来たこのコンサート、このコンサートを始められた音大の先生であったK先生は、もう87歳のお歳で去年より、娘さんの住んでおられる台北に移住されています。
 K先生の門下生である8名がコンサートに出演しました。
コンサートのあった津田ホールは、とても有名なホールでちょっとしたセミプロのクラッシック演奏会が良く開かれているところです。私もこのホールで歌うのは、とても光栄なことだと感じます。
8人の中の4人は、70歳代です!。。。老人ホームにいらっしゃる70代の方と同じ年代なのか!?と疑いたくなるほど、意欲的です!!
 そして、歌も40~50年程、歌い込まれていますので歌のうまさ、魅力がほとばしる様な仕上がりでした。・・・さすがだなぁ~その探求心は、私も負けています。一曲10ページもある楽譜を、しかもイタリア語やフランス語で覚えますが、その音一つ一つにこだわりを持って、かなり歌い込まれています。家族もその熱心さに協力してくださるのでしょうね・・。
 私もそうですが、音大を出て~十年も経つのに歌っていられるなんて本当に幸運な事ですから。
 それでも、当日腰を痛めて、荷物を持てずご主人に送ってもらった人がいたり、首がおかしくなって動かない人も。また、ご主人が2週間ほど前に具合が悪くなられて入院。やっと退院したばかり・・という方も。
皆さんそれぞれに歌を続けて行く大変さを経験しながら、このコンサートを迎えました。
・・・私は、蝶々夫人を歌いました。
聞きに来ていただいた方々、本当に有り難うございました。
 終わった後の打ち上げでは、本当に盛り上がりました。そして皆さんとても良い雰囲気でうち解けることが出来ました。

 しかし!ヤレヤレ終わったと思っていたら、ふこさんが引いていた風邪を貰った様で・・喉が腫れてしまいました。今日も老人ホームのボランティアを休んで、家でジッとしています。コンサートが終わってからで良かったです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。