目次 : 月別 2012.04



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近の学び 

先日、スチーブン栄子さんの講演を聴く機会に恵まれました。
なかなか身に迫る面白い内容でした。
しっかり目標を立てて迂闊に日々を過ごせないな~と感じました。
OMEGA BIBLE STUDY スティーブンス栄子さんの「ヨハネの黙示録セミナー」
難解な黙示録ですが、なかなか解りやすい内容です!!
昨日届いたばかりですが、9枚のCDの内4枚を聞きました。
でも何度も聞かないとしっかり理解できないところがありそうです~本当に面白い学びです。暫くはまりそうです。皆さんも機会がありましたら、どうぞお聞きになって下さいね。
現在の私たちと黙示録の中の現在を解き明かす内容です。
身が引き締まる思いです・・・。
ヨハネの黙示録
もう一枚の写真は、毛糸を見ると気が狂ったように豹変する・・
最近のチャチャ、相変わらずイタズラは健在。
とうとう、私が作った人形のばらばら事件に発展しました。
・・・でもすぐに治しましたが・・㋧。水道のホース。娘の毛糸の帽子。私の手・・。
いろんな物を噛む癖、なかなか治りませんねぇ・・・。
人形
スポンサーサイト


友人の人生 

 4月11日に召された音大時代の同級生。
4月12日の告別式・Ⅱコリント4章8~11節・、ヨブ記1:1を用いての礼拝。
・・・召された姉妹は、いろんな苦しいところを通らされてきました。
人間は、何でも恵まれて物があったり、才能があったりするから、幸せを感じるという事はありません。恵まれて育っていても不幸だと感じる人もいます。返って恵まれているからこそ幸せを感じられなくなっている事があります。
姉妹は、いろんな苦しい状況を通りながらも楽しい、幸せだと感じてきた人です。
そこに姉妹の強さと信仰を見る思いがします。

Ⅱコリント4章8節~11節「私たちは四方八方から苦しめられますが、窮する事はありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。・・・」
何で神様は、私たちにそんな事をなさるのか?一体神とはどのようなお方か?
・・・人間として途方にくれた方が良い。感謝感謝では、解らない事がある。窮する事がない方が返って問題があるんじゃないか。

ヨブ記1:1「主は与え主は取られる」

姉妹は、何不自由ない格調高い家柄に生まれた。
 でも、彼女のお母さんを見たとき私は思った。「こんなお嬢さんに育てられたのか・・!!本人は、苦労したんだろうなあ。今時、皇室でもないのに自分の事を“お母様”と呼ばせていたんだ・・!!」
彼女のお母様は、81歳と言われても解らないくらい若く見えお洒落。生活感をあまり感じさせない方でした。ご主人も具合が悪く、看病されているという事でしたが・・。
 
 彼女の最初の結婚は夫の鬱病等による日々妻への暴力があり、投げ飛ばされてタンスの角に激突、肩にひびが入り彼女は離婚を希望していましたが、子供が大きくなるまではと成人するまで、待って離婚。その後、ピアノを教えたりコーラス指導をしたり、学校の非常勤で勤めたりしていましたが、生活に困っていました。
 そんなとき、同じ教会員のTさんと暮らし始めます。2005年の事です。お互い再婚同士で自然にご夫婦になられました。でも、教会員の方々から反対されました。親族のみで牧師立ち会いの下、簡単な結婚式を挙げられました(私も奏楽で参加させて貰いました)とてもお似合いで2人とも嬉しそうでした。
ーーー教会員の方々は、形式や教理上、反対されたのだと思いますが、聖書には実はそんな事一言も書かれてありません。自分たちで祈って神との約束の中でそうされていたのですから・・・・
とうとう、そのことが原因で教会を追い出されてしまいます。
都内の別の教会に籍を移しました。暫く、たぶん生まれて始めて平安な日々を送っていたのだと思いますが、3年前右足に出来た、おできが、2ヶ月程で異様に大きくなるのを見て不審に思い病院に見せるとすぐ入院、2度にわたって手術。悪性の脂肪肉腫でした。
手術で一端完治しますが、去年2011年8月。今度は、左足におできが出来ます。すぐ病院で手術を受けましたが、その後、ご主人が医者に呼ばれ「癌がもう全身に転移しています。」と告知を受けました。治療のため、本人にも告知をしました。始めはショックを受けていましたが、覚悟を決めそれからは気丈に、かえって周りの人を気遣う程明るく生きておられたそうです。
 私が電話をしたときも病気の事には一言も触れず、返って私の事を心配してくれた程でした。
私は、何も知らされず告別式を迎えたのです。
 癌は痛みとの戦い。彼女は抗がん剤を拒否し食事療法をしていましたが、食事療法にしてから急に癌が進行しました。(たぶん食事療法の方が効き目が穏やかなので、進行を止められなかったのだと思います)かなり痛みが激しかった様子で、痛みを抑える劇薬も使ったとおっしゃっていました。
ご主人は、長い間看病をされて召される前日は、病室に始めて泊めて貰ったそうで(完全看護のため、普段は出来なかったそうです)ずっと一緒にいられて良かったとおっしゃっていました。
 速すぎる召天。神様は「もういいよ。疲れただろう。こちらにおいで休ませてあげるから。」とおっしゃったのでしょうか・・。


突然の訃報 

突然の訃報
コラージュ1 コラージュ2


今日は婦人会でコラージュ(雑誌を切り抜いて貼って作る)つくりでした。楽しいはずだったこの日。まさかの突然の電話!!
同級生が、召されたなったという訃報。
もうビックリ!!
桜だってこんなに綺麗なのに、こんなに気持ちの良い日なのに!!あらためて思う。本当に人の命は、計り知れない。 
桜

将来はどうなるのか誰も解らない.けれども少なくとも今日、神から御言葉を聞いたその通りに生きよう。明日の事は解らない.明日を神にゆだねる事が出来てこそ、今日本当に神に従って生きる事が出来る・・・。
明日は葬儀。
私も後悔のない人生を歩みたい。


イースターゴスペルコンサートの様子 

この記事の前にUPした、イースターゴスペルコンサートの様子です。
携帯で、撮りましたので、うまく撮れていませんが・・。雰囲気は伝わりますか?

[広告 ] VPS


イースター(復活祭) 

さあ、いよいよ日曜日は、復活祭です。
明日を前にして今日の午前中は、教会墓地の墓前礼拝、午後7時から渋谷にある東京バプテスト教会のイースターゴスペルコンサートに娘と共に行って来ました。
墓前礼拝
午前中は、墓前礼拝で、武州長瀬へ。
この写真、面白いのでUP。何だか一人だけ怪しげな男が写っているぞ!誰だ!神聖な礼拝に!?
・・・答えは、牧師先生でした。本当に怪しそうですよね(笑)
P2012_0407_190528.jpg
教会とは思えないような雰囲気。とても賑やかで、アメリカの教会みたいな感じです。
牧師さんもアメリカ?人の方。1時間30分の間、ず=と、歌あり踊りあり、劇ありとてんこ盛り状態でした!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。