目次 : 月別 2013.01



スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パンだ~! 

1月25日飯田橋の「青森北彩館」にて。
パン屋さんの宣伝をしました~(笑)
私は、ずっとパンダに徹しました~
パンだ!!
スポンサーサイト


1月17日(木)朝日新聞天声コラムより 

◇◇「大島渚」と言う人・・・◇◇◇

(天声人語)大島渚さん逝く
 体制に抗し、タブーに挑む姿は、烈々と火を噴くように見えた。口をつく言葉も激しい。そんな大島渚さんを支えていたという言葉を知って、納得した覚えがある。「深海に生きる魚族のように、自らが燃えなければ何処(どこ)にも光はない」▼ハンセン病を背負って生きた戦前の歌人、明石海人(あかしかいじん)の歌集の前書きに出てくる。大島さんは19歳のときにこの一語に出会った。以来胸に畳んできたと、かつてアエラ誌で読んだ。言葉通りにあかあかと燃えた、80年の生涯だった▼映画監督になるとは、夢にも思わなかったそうだ。松竹の助監督試験を受けたとき、映画がワンカットごとに撮られるのも知らなかった。採用5人に2千人の応募があったというから、ファンは採用担当者の眼力に感謝しなくてはならない▼松竹の小津安二郎ら巨匠に反旗を翻したのはよく知られる。「喜怒哀楽」にたとえれば、小津映画が「哀」なら大島さんは「怒」の作風だろう。1960年代は、映画がテレビにホームドラマ調を譲り始めた時代でもあった▼妻の小山明子さんによれば、結婚前の5年間に360通の手紙を交わしたそうだ。その1通に「世界に通用する監督になって、君をカンヌ映画祭に連れて行く」とあった。約束はしっかりと果たされた▼「愛のコリーダ」「日本の夜と霧」――大島映画の数々は「問題作」と呼ばれてきた。その三文字こそが、自ら燃えた証しではなかったか。戦後という時代と切り結んだ映画人が、またひとり去って行く。


24時間365日の感謝 

新しい歌を作ってみました~
2分弱の長さです。お時間がある方は、どうぞお聞き下さい。


[広告 ] VPS


「感謝」小さな事から始めよう! 

「空を見上げながら感謝し、地を見ながら感謝。。。」

新しい年にも小さなことへの感謝から始めよう。「小さな水一滴も継続して下に流れ落ちると固い岩までも貫き通すという言葉がある。小さなことは決して小さなことではない。小さなことの中に無限大の未来と可能性が秘められている。すべては小さなことから始まる。」幸せの条件の第一は、感謝である。幸せは持ってないことに関心を持つのではなく、持っていることに満足することである。与えられていることを大切に考え、感謝する人は幸せな人生を生きる。感謝できる時だけ、感謝する人は未熟な人である。今年は感謝できない時にも感謝できる人になろう。人は幸せだから感謝できるのではなく、感謝しながら生きるから幸せな人になるのである。

南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領は、27年間投獄生活を送った人である。彼が出獄した時に、人々はマンデラがとてもやせ衰えている姿で出て来ると思った。しかし彼は70歳が越えていたにもかかわらず、とても健康な姿で生き生きとした姿で歩いて出てきたのである。取材のために来ていた記者が彼に尋ねた。「他の人々は5年間投獄生活をしていても、健康を失った状態で出てくるのですが、あなたは27年間投獄生活をしたにも関わらず、こんなに元気でおられたのですか?」するとマンデラは答えた。「私は牢屋で神様にいつも感謝しました。天を見上げながら神に感謝し、地をもながら感謝し、水を飲みながら感謝し、飲食を多m¥べながら感謝し、強制労働をさせられながらも感謝し、いつも感謝したので、健康を守ることができました。」マンデラの健康維持の否決は感謝にあった。感謝は彼を赦しの人にならせた。牢屋の中でも希望を失わないで夢を見るようにさせたのは感謝の力である。マンデラはその後、大統領に選ばれ、ノーベル平和賞を受賞した。牢屋の中でも自由と夢を失わなかったのは感謝があったからである。今年も小さなことに感謝しよう。いま生きていることに感謝し、ゼロから感謝しよう。 
                      朴 龍洙さんのブログより


2013年明けましておめでとう御座います 

明けましておめでとう御座います~!!
昨日は、何年ぶりかに紅白をしっかり見ました~!!
お雑煮のお餅何個食べましたか~?
それとも、雑煮の代わりにパン食べた人?
去年の暮れ、大晦日だと思えない程車が少なかったですね~今の日本の経済がいかに逼迫(ひっぱく)しているかを物語っているようにも思えました~
今年は、上向きのいい年になりますように・・・。
自民党で大丈夫かな・・??
2013年賀状


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。