歯医者に行ったこと Vol.2 

≫歯医者に行ったこと Vol.1
ある日のことだった。なんだか左の奥歯をぎゅっと会わせた瞬間!”ガリ!”と異様な音がした!~ぞおぉ~っとした次の瞬間。何かが奥の方から”ポロ”っと出てきたではないか?!「な、なんだこれは!?もしかして歯!!え!うそ!私の歯はもうこんなにもろくなっていたのか?!」そのかけらをじっと観察する。。。

 「いや、これは私の歯ではない!2年前に始めてセラミックなるお高い歯を入れたが、そのかけらのようだ!・・・え!あのとき歯医者の先生は、この歯は10年は持ちますっていってたけど・・・実は、この歯を入れてから去年もこれが欠けて入れ替えてもらったばかり・・もう2回も同じ歯が欠けたことになる!~つまりあれから毎年新しいセラミックの歯を入れ替えていることになる。しかも、治療代のみであとは先生持ちであるよ。・・・もう2回目となると少々気が引けるのであるが・・

 「本当はセラミックって弱いんじゃなかろうか??」と思いながら歯医者へ。・・・[:病院:]「今度はどうしましたか?」と言うお医者さんに、「以前治療してもらった歯がまた欠けました。」・・・「あれは、端の方は欠けやすいんですよ。」と、弁解するお医者さん。・・・”内心、10年以上もつっていったじゃないか!”と思ったが・・

 この歯医者は、18年前ぐらいからお世話になっている。その時”親知らず”を抜いた。”親知らず”は、奥の変なところに変な方向を向いて生えていた。すぐ虫歯になり2本抜く必要があったが、何せまだ、ふこは2歳。私から一時も離れてはくれない。

 「私の手には負えない。大学病院を紹介します。」と最初はいわれたが、小さい子供を抱えて大学病院など行けるはずもなく困っている私を見て、「時間がかかっても良いなら少しずつ削り取りましょう。」と言ってもらった。膝の上でふこは、すやすや寝ちゃうし!歯の方は、なかなか抜けず3~4時間かけて、他の患者さんを診ながら、合間に削りだしてくれたのだ。~ふこは、勝手に泣いて膝の上で寝ていた。重かった。ふこは汗をかき、体温で暑かった。・・・

 しかし、難しい歯を、丁寧に抜いてもらった恩義がある。上手に抜いてもらったので、後は全く痛まなかった。

 実は、それ以前にも私は”親知らず”を抜いたことがある。(友達のご主人の歯科で)~いやぁ~あれは酷かった!おでこテカテカの歯医者さんに力任せに歯を引きちぎられた感じだった。その証拠に抜いた歯の周りに歯ぐきの肉が!!こびりついていたのだよ!!~ああ~私の内なる肉よ、見るからに痛々しそうな歯よ~~その後、暫く頭痛が続いた。
友達のご主人じゃなかったら絶対こんなところ来ないぞお~~今はあの歯医者どうなっているか解らんが・・今も、力任せに抜歯するのかなぁ・・・

 しかし、歯医者ってどうしてぁぁシイ~ンとして緊張させられるんだ?
電動いすに座っているときもいったいどこを見ていたらいいのだかいつも迷う。まっすぐ見ると先生と目が合ってしまうし、ちょっとそらすと助手の人と目が合う。「あれ、今日口紅つけてないよね。」とあわててチェック。[:見る:]

 先生は、「インショウ!(歯の型どりのことらしい)。タイゴウシ!(向かい合った歯の型どりらしい)」とちょっとこわそ~に命令する。そう言えば2年前に記念にもらった私の歯のオブジェ。まだ、埃だらけになりながらも本棚に飾ってある!・・物持ちが良いからね。・・しかしこの先生、セラミックなる高い歯を2度も入れ替えてくれて、もうけになるのかねえ・・・わたしゃぁありがたいけど。。

 しかし、18年もこの歯医者に通っていて一度もお医者さんの顔をまともに見たことがない。いつもでっかいマスクをしているのでめがねをかけた目から、顔を想像する。

 だが、今度始めて顔を見て印象が変わった!涼しげな目には、シャープなあごかと思っていたがチラット見たブルドックのようなあごは、印象を変えてしまった!

 マスクをしていると年齢が解らず、「この先生いつまでも若く見えるなあ~。」と思っていたが・・・18年の間マスクの下で熟成して垂れ下がってしまったのかな?それとも、もともとブルドックだったのかな??[:犬:]


Comments

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する