スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自転車曲芸 

 さよは、最近よく自転車の曲芸を目にする。と言ってもサーカスではない。近所の子供達が良く乗っている二輪車でもない。
それは、いい中年のおばさんがアイスクリームを片手に口でほおばりながらふらふら乗っているのだ。でもそれだけではない。ヒールが6~7センチもあるようなサンダル
(ミュール)を履いてペダルを踏んでいる人もいる。見ていて怖い!

 この前も近くのスーパーの前で出会い頭に車と自転車に乗っていた中年のおばさんがぶつかり、意識不明で倒れているところを目の当たりにしたばかりである。ぶつけた車の運転手が意識の戻らない女性の首を持って「大丈夫ですか?」と必死に声を張り上げていたのだ。~~その後どうなっただろうか・・

 もっと凄い曲芸を見たこともある。子供を後ろと前に2人乗せ左手に携帯電話を持って喋りながら、右手だけでバランスを取って乗っていた!!~~これは、もう凄い!~~サーカスの域に達する。

 最近では、日焼け止めのために手袋は当然の事ながら、日傘を持って日焼け止め用の帽子をかぶっている人がいる。その帽子が何ともおかしい。顔を大きなひさしですっぽりかぶせてしまう。車から見ているとあのひさしは、ヘルメットのようで何となく笑える。今でこそ若い人たちも、日焼け止め用の手袋をはめたり帽子をかぶったりしているが、昔は、おばさん達しか日焼け止めは、使わなかった。若い人は、格好悪いと言って日焼け止めクリームを塗る程度だった。

 またある人は、前と後ろに抱えきれないほどの荷物を抱え、とうとう私の目の前でひっくり返ってしまった!・・・私も良くたくさんの買い物をする。猫のえさや、水のボトルや、猫の砂などである。・・でも人のを見ていると自分もあんなに生活感がどっぷりにじみ出ているかと思うと少し恥ずかしい・・かな?~~しかし車も使わず、しっかり自転車で運ぶところなんざ立派な主婦の鏡だねえ。~(^+^)~たくましさと共通点を感じたねえ。

 ・・ちなみにさよは、歩いて買い物に行くこともあるが、片道30分をかけて、荷物が多くなることを予想してリュックを背負い両手いっぱい荷物を持つと、もうすっかり夜逃げ状態である。[:月:]

 そう言うさよも実は、3歳ぐらいのふこを自転車に乗せていて砂利の道を曲がるときタイヤが滑りひっくり返ったことがある。滑りそうだと思いながらも教会に遅れるからと急いでいたからだ。昔からぎりぎりセーフの性格は変わらない。(あまり良いことではないが・・)通りがかった親切な大学生のお兄さんに自転車を起こしてもらった。ふこは、倒れることを想定していたのか、自分の足で降り立ったが・・
~~ん~~元祖曲芸乗りかもしれない・・[:自転車:]


Comments

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。