スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横浜チャイナタウン 

 久々に・・と言うか、始めて横浜の中華街と言うところにいってきました!中華街は、赤色が好きだねえ。普通に通りで中国語が聞こえてくるとここが本当に日本だったのかな?と思いました。
 この日さよは、歌のレッスンで横浜へ。TOTOさんは、みなとみらいホールでバイエルン交響楽団のシベリウスを聴きに行った帰りに待ち合わせ中華街に繰り出したのです。ふこは、バイトで残念だったねえ。(ハタラケ!ハタラケ!)
結局さよは、生まれて初めてだったんですよね。中華街に来たのは。[:ラーメン:]

 TOTOさんが言うには、「みなとみらいの方が、人が多いなあ。昔は、横浜って言ったら中華街のことだったが・・・」ん~始めてきたさよには、よく分かりませんが、何となく土産物店もくすんで見えます。それにど派手な服が多いよね。中国の服って。
 今こんな中国服着ている人見ないよね。買っても着ていくところもないし、だいいちお店の人たちも誰もこんな服着ていないのが何となく、おすすめじゃない様な雰囲気を受けます。やはり売りたいのならそのような服を着て欲しいです。

 夕飯を食べようと思ってある中華レストランへ入りました。偶然、目の前で女子十二楽ぼう・・ならぬ、3人の演奏者が、中国の民族楽器を演奏してくれました。「オオ!ラッキー」しかし、拍手をしてもぺこっと頭を下げて合図をしてくれるのですが、顔に笑いがないので何となく惰性で演奏しているのかな?と感じさせてしまうのです。

 中華のコースは始めは、おなかにはいるのですが、揚げ物が多いので脂っこすぎて2~3食べるとくどく感じてしまうのは、やはり私が中年だからでしょうか?
 中華街には、肉まんを街頭で売っているところが多くその大きさも特大でそれぞれが大きさを競っている様でした。「どうぞ」と言われて何だろう?と思い手を出したら、甘栗でした。パクツ!口に入れてすまして歩き去りましたが・・・

 人気を取り戻すために、道ばたで“西遊記”の寸劇でもしたらどうだろうか・・
とか、中国の踊りはどうだろうかとか、考えながら帰りの電車に乗りました。
・・・イヤ~今は、横浜も近くなったモンだね!新宿湘南ラインとかで乗り換えが少なく昔2時間以上かかっていたのに、今は、1時間です!
・・・今は、ちょっと横浜まで食事に・・・の時代なのだと。・・・
・・・さよも時代に乗り遅れない様にしなければと実感しました![:電車:]


Comments

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。