スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


只今お疲れ中 

 先週、義母の葬儀が終わりパソコンを開く暇もなく、10日ほど過ぎてしまいました。気をとられるって言うのでしょうか?気が抜けるって言うのでしょうか。最後に少しでもお世話ができて良かったのかな。早朝、2時過ぎに病院からの?で起こされ駆けつけた時は、息を引き取った直後。まだ暖かく、急激に冷たくなっていく様子が不思議に思えました。誰でもいつか死という問題に直面するんだなあ。義母の一生を思うとき、この人の生涯は、何を大事に生きたのだろうかと思わされる。私はやはり、人は富や名誉やプライドじゃない。人生を豊かにするものは、砕かれた謙遜な心だと思う。その謙遜な心を保たせてくださるのは、主イエスの教えである聖書だ。
と、私は今迄の自分の歩みの中で実感している。人生を切り開く“要”じゃないかと思う。・・・みんなに知ってほしいのにどうしてうまく伝えられないのでしょうか。どうして堅苦しそうとか、日本人には、あわないとか言われるのでしょうか。私が教会に行きだしたら母も義母もお寺に興味を持ちはじめたんですもの。信じると言ったら神社やお寺になってしまうのか。人の道や道徳についてはすばらしいとは思うがそこには、救いがない。どうして伝わらないのか。行動と真心が足りない自分を思う。・・・人が救われるって大変なことですよね。


Comments

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。