スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよ、フィリピンへ行く ~第二日~ 

ホテルを7時に出発。昨日と同じ飛行機に乗り込みました。9時に離陸。
現地時刻13時30分にマニラに着く。(時差マイナス1時間)
ここで両替。1円は2.3ペソぐらいです。1万円を両替して4350ペソになりました。

国内線に乗り換え。待つこと3時間あまり。でも荷物の受け取りや審査はかなり時間がかかる。
~2時間ぐらい必要。
4時30分発ダバオ行きに乗る。約1時間30分で着陸。飛行機は日本人客が多い。
飛行機の私の隣の席は指揮者の方でした。ダバオにユースオーケストラの指揮のため行かれるとか。
学校を持っておられて、年間ヨーロッパやアジアに何十回も行かれているらしい。
話が弾む。降りるとき握手を求められた。一体誰だったんだろう?

現地時間6時頃、ダバオ着。空港で教会の人が迎えに来ていて、車に乗り込む。
教会では土曜日のプログラムができず、翌日曜日にまとめる。土曜はお客さんを50人ほど
招待してあったそうだが残念だった。
ダバオの街はすごい!まずほこりっぽい。車が多い。その間を人が道を横断する。
スリル満点。気温30度。暑い中皆外に出て涼んでいた。
一緒に行った方でヘルメットを持っていった人がいた!
あの車の多さを見ればその気持ちがわかる…

屋根の低い建物が続く。一昔前、子供の頃にタイムスリップしたような街だ。
何もかもがレトロに見える。日本車が多い。
フィリピンのバス、「ジプニー」は自家用車より少し大きめだが、乗れるだけ人が乗っている。
~20人くらいいそう。外に捕まっている人もいて、ちょっとコワイ。

ホテルは古くて伝統のあるホテルだった。
2階建てと低いがかなり広い。ホテルの門から玄関まで100メートル?以上だ。
リゾートで利用する外人客が多い。中国系の人が多いらしい。
部屋は年代物だった。
お風呂の栓が閉まらずハンカチで栓をして使ったり、
ドアの鍵も壊れていたが、外から開かなければ平気らしい。
メイドさんが金槌らしき物を持ってきて修理を始めたのには驚く。
自分でやった方が良いみたい・・
私と同室の女性がドライヤーを持ってくるように頼んだが、なかなかこない。
2度電話をする。…こういう事は当たり前らしい。のんびりしているんだ。


Comments

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。