スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖歌480番 輝く日を仰ぐとき 

himnal480.mid
(1'30'' / 59kb / S)


聖歌の中に出てくるよく歌われている曲です。途中で拍子が変わるところがあるため、易しく編曲されたものが、最近は歌われるようになりました。
 でも昔から歌っているものの方がやはり味わいがありますし、作曲者の心が伝わってきますね。


詩:Carl Boberg 曲:Swedish Folk Tune
----
輝く日を仰ぐとき 月ほしながむる時 
いかずちなりわたるとき まことのみ神を思う

☆わがたま いざたたえよ 大いなるみ神を
 わがたま いざたたえよ 大いなるみ神を

森にて 鳥の音を聞き そびゆる山に登り
谷間の流れの声に まことのみ神を思う
☆(繰り返し)

み神は世人を愛し 一人の御子を下し
世人の救いのために 十字架にかからせたり


あめつちつくりし神は 人をもつくりかえて
正しく清きたましい 持つ身とならしめたもう


まもなく主イェスは来たり 我らをむかえたまわん
いかなる喜びの日ぞ いかなる栄えの日ぞ
☆ 


Comments

大好きな曲です。
レーナマリアさんのとか、よく聴いていました。
先日うちの教会員のロシア人歌手に
ロシア語で歌ってもらいました。
最近では「とっておきの讃美歌」のCDで。
アレンジが素敵でしたね。
さよさんの歌声で聴いてみたいです。
//-->
2009.01.25 Sun 21:52
kirisuto info.から来ました。
なんだか似たようなことをしているので、嬉しくなります。
このブログはすっきりしていて、居心地がいい感じですね。
曲もアレンジも気に入りました。
これからも頑張ってください。
//-->
2009.01.28 Wed 09:49
くりさんいつもありがとうございます!
この曲は、愛唱歌にされている方が多いので私もよく歌います。
ニューイヤーコンサートいかがでしたか?
私もくりさんの歌声を聞いてみたいです。

トクベー&キーボーさま。
ご訪問ありがとうございます。
トクベー&キーボーさんのブログ拝見させていただきました。
さわやかで心にしみてくるような素敵な曲をつくられるんですね。
また、こちらからも伺います。頑張ってください。
//-->
2009.01.29 Thu 11:16
さよさんへ、

いやはや、ご訪問いただき、また、こうして励ましのお言葉、心から嬉しくて感謝です。

また、来ます。

//-->
2009.01.30 Fri 12:49
賀川さんのお話、読みました。こちらアメリカの中古書店で買った子供のお話雑誌に載っていて、興味を持っていました。ちゃんと「キリストの愛」とかも書いてあって、うれしかったです。

こちらでは音楽が聴けるのですか?スピーカーのあるPCで今度拝聴しますね。

あと、こちらではクリスチャンの方が書き込みされていて、心強いです。周りに日本人クリスチャンがまったくいないので…。これからもよろしくおねがいします。
//-->
2009.01.31 Sat 11:59
あ、自分のURLを入れるのを忘れてしまいました。
//-->
2009.01.31 Sat 12:00
トクベー&キーボーさん。
BGMパートⅡききました。それぞれ趣向が違っていて楽しかったです。あの音源は3種類なのでしょうか?アレンジで変わるのですね。


ぼばたんさん。ご訪問ありがとうございます。
クリスチャンでも知らない人が多いのですが(私もイエスの友会に出席するまで知りませんでしたが)、賀川豊彦さんって、凄い人なんですよね。(イエスの友会は、賀川先生が創設されました。)

MIDIの音楽も良かったら、聞いてみてください。こちらこそよろしくお願いしますね。
 
//-->
2009.01.31 Sat 16:17
さよさんへ
ご訪問感謝です。

>あの音源は3種類なのでしょうか?アレンジで変わるのですね。

ん、”3種類”とはどのことを言われているのでしょうか?

とにかく、聴いていただいて嬉しく思います。
//-->
2009.02.02 Mon 10:12
こんにちは、さよさん。
早速イヤホンを探して音を拝聴いたしました!知ってる!大好きな歌です。
私は中国語と英語の礼拝しか行ったことがないので、日本語の賛美歌はほとんど知りません。
中国語では、この歌のサビは、

我的歌唱ー賛美救主我神ー♪(私の歌声で救い主神を賛美しますーって感じ?)
って感じなので、歌詞からまったくこの歌だとわかりませんでした。こういう比較って面白いですね。

中国語の歌を毎日歌っていて、日本語ではどういう歌詞なんだろう?っていつも思います。今度、疑問があったら質問させてくださいね。
//-->
2009.02.03 Tue 03:32
ぼばたんさん。早速、聞いていただいてありがとうございます。
・・中国語ですか!どういう感じになるのでしょうか?想像が出来ませんが、面白いですね。
一度、教会員の方の結婚式でスウェーデン語で歌っているのを聞いたことがあります。不思議でした・・・でもこの曲、元はスウエーデン民謡なのです。よく、結婚式で歌われるそうですが・・・。
言葉で雰囲気がガラリと変わりますね。
//-->
2009.02.03 Tue 23:34

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。