スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


讃美歌467番 おもえば昔イエスきみ(春の日の花と輝く) 

hymn467.mid
(1'45"/20.1kb/S,F)


温暖化のこの冬、雪も例年よりかなり少ないそうですね。これから、どうなるのか私たちには解りませんが、イエス様により頼んでいきたいですね。この時期、この曲はなんだか、心に元気をもたらしてくれるような気がして、編曲してみました。


詞:Jemima Thompson Luke 曲:William Davenant
----
おもえばむかしイエスきみ おさなごをあつめ
ともにあそばせたまいし その日なつかしや
「われにこよ。おさなき子」と よびまししきみの
あいの御手にいだかれて みーかおあおがばや

きみは今もみ空にて 子らを召したもう
いざやともにゆかまほし こいしきみもとに
すくわれし子らの家は みくににそなわり
おおくのおさなごつどいて きみをほめたたう


この曲は一般的には、「春の日の花と輝く」という題で知られています。そちらの方がなじみがある方が多いと思いますのでその歌詞もご紹介します。昔、小学校の音楽の教科書に載っていましたが、今の子供達は、この曲を知らない子が多いです。残念です。
春の息吹を感じさせる明るく華やかな曲だと思います。
このmidiも春の小鳥のさえずりをイメージしてつくりました。


詞:堀内敬三 曲:アイルランド民謡
----
春の日の花と輝く うるわしきすがたの
いつしかにあせてうつろう 世の冬はくるとも
我が心は かわる日なく おんみをばしたいて
あいはなお 緑色濃く 我が胸に いくべし

若き日のほおは きよらに わずらいのかげなく
おんみいま あでにうるわし されどおもあせても
我が心は かわる日なく おんみをばしたいて
ひまわりのひをば こうごと とこしえにおもわん


Comments

初めてコメントさせていただきます。
いつもコメントをありがとうございます!

音楽の超シロウトがお伺いしました。
実は以前にも何回か伺ったのですが、
お恥ずかしい事に音楽の聴き方がわからず、
コメントも差し上げませんでしたが、今日は聴けました!
編曲ってすばらしいですね。
現在の所、暗めの聖歌や賛美歌は
心身の状態が悪いため、未だ聴きたくない状態にある私ですが、
この曲は2回も続けて聴きました。
そして、私の頭の中に、菜の花が咲き乱れている情景が浮かびました。
春を楽しんでいる感じで嬉しいでした。
ありがとうございます!!
またお伺いしま~すv-10
//-->
2009.03.05 Thu 08:38
クリスチャン・アイさんコメントありがとうございます!
心が華やかで、軽くなるような春の曲にしたくて、
何回も何回も“ふこ”と試行錯誤しながら、作りました。
ですから、聞いてくださる事はとても感謝です!
アイさんが、菜の花や春のイメージを感じてくださったことは、
私のイメージしていたことでもありとても嬉しいです。
ありがとうございます。
これからもよろしくお願いしますね。
//-->
2009.03.06 Fri 00:06
この曲は、アイリシュ・チューンだったのですね。
なるほど、改めて聴くとそうですね。
手回しオルガンでしょうか、とても可愛らしいメルヘンチックなアレンジが、とってもいいです。こんな感じもいいもんだなーと感心しました。
ご訪問とコメント感謝です。

//-->
2009.03.10 Tue 08:08
トクベーさん聞いてくださってありがとうございます。
なかなか、気に入った物が出来ず曲を更新できませんが、ホッと心が暖まるような曲に仕上げられると良いなと思っています。
トクベーさんの所も又、お伺いします。
//-->
2009.03.12 Thu 18:42

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。