スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


転入会式 

 今日の教会の礼拝で転入会式がありました
転入会式とは、別の教会からさよの行っている教会に教会籍をうつして、新しく教会員になると言うことです。Iさん親子3人で新教会員として迎えられました。
 
 ご主人は、製薬会社の営業マン、娘さんは大手企業のOL,奥さんは、さよと同じ歳の主婦です。

 実は、以前さよの教会は、同年代で話の出来る人が、長い間いませんでした。いつも話し相手がいなくてつまらないと感じていました。神様に同年齢の人を3人以上与えてください!と祈っていたものです。
 始めに、9年程前さよと同じ年の今の牧師さんが来られたのを皮切りに、(でも、男じゃ話し相手にはならない!と思いつつ・・)5年程前海外から帰国されたSさんが加わり3人に・・

 そして、1年半前にこのIさん親子が引っ越しをしてこられました。そしてもう一人。1年前にHさんが加わり今は、なんと同学年が5人もいます。・・・全く不思議なことです。

 でもこの同級のIさん、実は、大変な病気を抱えていらっしゃる方です。
今日、その病歴をあかしされ、改めてIさんの凄さに頭が下がる思いがしました。Iさんは、30代で体調が悪くなり、子宮摘出手術を受けられ、40になったときから、今度は、腎臓を悪くされてとうとう、今から5年前から(丁度今日から6年目にはいるそうです)、腎臓透析を受けなければならなくなったそうです。今は、もう全く腎臓は機能していないそうで、週3回、4時間の透析を続けて居られます。

・・・・遠出も出来ないでしょうね。本当は、ものすごく辛いと思いますが、Iさんは、いつも明るくて『大変なのよ・・・』なんてぐちを聞いたこともありません。透析の間は、本を読んだりCDを聞いたりするそうで、昼寝をしていることもあるそうです。・・・・私だったらイライラしてしまいそうです。

 自分のやりたいことの半分もたぶん出来ませんよね。体力も昔よりかなり落ちてしまったそうです。
 この前、Iさんが、さよに透析の後の腕を見せてくれたことがあります。もう、ビックリしました。夏でも長袖を着ているIさん。注射の後が大きく腫れ上がって、血管がかなりの大きさに盛り上がっています。「ちょっと血管触ってみて・・」と言われ、触れてみると、その血液の流れるものすごい程の速さで、血管が普通の人より大きくふくれています。
「見た目がみっともないでしょ。だから、半袖を着れないの・・・。」

私は、手術をしたことすらありませんが、世の中には、大変な病気を抱えている人が沢山いますよね。Iさん、私は、貴女を尊敬します!さよには、絶対我慢できないことだと、今更ながら健康である幸せを感じずには、いられませんでした。


Comments

さよさん、こんにちは。
今日のお友達の病気のこと、考えさせられました。健康な身体を持っているくせに毎日ぶつくさ言っている自分を恥ずかしく思いました。

さよさんの祈りが通じてよかったですね!私も同じ歳はいても、境遇や国籍(まったく日本人がいないんです…)がいないので祈らなくちゃ。

でも、最近日記を見てもらえばわかるように、クリスチャンとしての意識が低下しています。これではダメだとわかっていても…葛藤しています。

では、またね。
//-->
2009.06.04 Thu 16:13
ヒルネスキーさん。そちらに戻られて落ち着きましたか?

 本当に病気をするって、自分の自由もきかないですが、家族の理解がないと生活できませんよね。I さんのご家族もとってもやさしいんです。きっと、I さんが、大変なのに愚痴がなく明るいからだと思います。・・・・なかなか、出来ないことですけど。

  私自身もね。クリスチャンとして意識低いと思います。いつも自分に正直にしようとか、問題にぶつかったとき、聖書ならどう教えているかな・と考えることくらいですよ。人間関係って本当に難しい所がありますからね。
今は、同年齢が5人もいるなんて信じられないくらいですよ。
ヒルネスキーさんもきっと、よいお友達が出来るように、祈っています。
//-->
2009.06.05 Fri 13:21

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。