スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


失敗から学ぶ 

11月20日の購読しているメールマガジンより転載。
『失敗から学ぶ』(関根弘興)

 天才的な発明家、トーマス・エジソンをあなたもご存じでしょう。
 あるとき、彼のふたりの助手がこう言いました。「先生、私たちはちょうど今、700番目の実験が終わったところですが、それでもなお、答えが得られませんでした。私たちは完全に失敗しました」。するとエジソンは言いました。「そうではないよ。君たちは失敗したんじゃない。僕たちはこの問題について誰よりもよく知っているということじゃないか。僕たちは答えに近づいているぞ。なぜなら、今、してはいけない700の事柄を知っているのだからね」。
エジソンはさらに研究仲間にこう語りました。
「それを失敗と呼んではいけない。教育と呼びなさい」。
 「失敗は成功のもと」などとよく言いますが、現実にはどうでしょう。
 失敗は失望のもと、になっているケースがはるかに多いことでしょう。私たちは、小さいときから失敗することを恐れてきました。「失敗=敗者」という図式を頭の中に描いて生きてきたと思うのです。しかし、どの人を見ても、どの世界に行っても、失敗しない人はひとりもいません。多かれ少なかれ失敗はつきものです。しかし同じ失敗をしても、それをどう受け止めていくかによって、人生は180度変わってしまいます。
 聖書の有名な人物の中にペテロという人がいます。彼はイエス様の弟子のひとりでした。
しかし、人生最大の失敗をしてしまいました。それは、自分の先生であるイエス様を、なんと三回も人前で「知らない」と否定してしまったのです。そんなペテロに、イエス様は非難のまなざしではなく、愛のまなざしを注がれました。
 彼は後悔し、男泣きしました。しかしある意味で、彼の人生はそこからスタートしていったのです。自分のプライドが砕かれ、本当に弱い者とされたとき、他の人々に勇気を与え、励ましを与えることのできる柔和さを身につけていったからです。
 失敗を恐れる前に、その失敗からあなたは何を学ぶかをいつも心に留めていきませんか。
イエス様の愛のまなざしは、あなたが失敗したときにも注がれていることを忘れないでくださいね。
 聖書のことば、「主は振りむいてペテロを見つめられた」
(ルカによる福音書22章61節・口語訳)。


Comments

素晴らしいメッセージありがとうございます。
エジソンとペテロの二人を例に用いて、とても分かり易く神様の御心を書き表わしておられると思いました。
全くその通りですね。私たちは失敗というものを絶対してはならないもののように捉えていますが、このお話から、実はそうではないのだということがわかります。なぜなら、イエス様はペテロが三度イエス様のことを知らないということを、あらかじめ知っていてくださったのですから。
だからこそ、ペテロは、また立ち上がることができたのですよね。
失敗にもいろいろありますが、取り返しのつかないような、これで、人生終わりだと思うような大失敗であっても、神様は、初めから私がそのような人間であることをご存知なのですから、こんな素晴らしいことがあるでしょうか。
実は私も自分の失敗を通して、神様から愛されていることを悟ることができた人間の一人です。神様の祝福は成功者にのみ注がれるのでは、ないのです。いや、むしろ失敗者にこそ、本当の祝福を満たしてくださるお方なのであり、失敗者に対してこそ、ご自身の真実な姿を現してくださる方なのだと確信します。
//-->
2009.11.21 Sat 15:30
 私たちの回りは、失敗した人に対して何か、特別劣っているような見方をしないでしょうか?
 失敗をしたら、這い上がれないような錯覚をする人もいます。
 でも、それを通して何が自分に足りなかったのか考え始めたり、新しい自分自身が見えてきたり、今まで考えつかなかったことを考えられたりするのです。
 人を思いやることも学びますし、考え方の幅も広がります。・・・失敗をして学ぶべき事は、沢山あります。
 でも今は、失敗を恐れてすぐ諦めたり、考えずに結論を急ぐ人が多いです。じっくり待つこと、スローに生きることが出来なくなったのでしょうか・・

 いろんな事件の影には、失敗を恐れるが故に人として最も大切なことを見落としてしまっていることすらあると思えるのです。
 子供たちには、失敗をも乗り越えてたくましく、人間として豊かに育って欲しいですね。
人生を悔いなく生きていくためにも。 
トクベーさんコメントありがとうございます。
//-->
2009.11.22 Sun 23:56

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。