スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっとお疲れ 

昨日、コーヒーアワー(歌の奉仕)も終わって、ホッとした一日。
疲れました・・・200名ほどの人が集まってくださいました!!
 私さよは、歌を歌う前の挨拶から、緊張気味でしたが皆さんに祈られて無事に今回も賛美の奉仕が出来て嬉しいです。
 なんだか、これが私の生き甲斐なのかも知れないな~んて(~。~)
歌を続けられるなんて本当は、凄く恵まれていることですよね。その歌で喜んでもらえるなんて私はなんて幸せな人生を送っているのだろうと、感謝すべきだなと思いました。それに、さよの教会から10名くらいの人たちが聞きに来てくださいました!!感謝です!
 このコーヒーアワーの集会は、1年に2回行われていて1980年に始まり今回は、63回目でした。私は、10年以上前によく、この集会に婦人会の皆さんと通っていましたが、こんなに長く続いているなんて思いもしませんでした。そして今回は、私自身が歌の奉仕で伺うなんて以前は、考えられないことでした。
 ・・・前日は、いつも緊張して寝付けないのにこんな時に限って夜中にニャンコに起こされるわ。騒ぐわ・・・!!ニャンコに自分の緊張が伝わるのかしらと思うほどでしたが。
 メッセンジャーの武井先生の話は、すばらしかったです。
NHKのディレクターから、思いもかけないご苦労を経て牧師さんになられるまでのスリリングなある新興宗教との戦いは、本当に身につまされる思いがしました。
 終わった後、武井先生ご夫妻とさよと伴奏者、企画委員の皆さんと共に昼食での交わりでも話が弾みました。
 「沢山の方がCDを頼まれましたよ」と、企画委員の方からも聞きました。、良き伝道の手助けとなるように祈ります。


Comments

大変ご苦労様でした。祝福ですね。
私も、さよさんの歌を生で聴きたいところです。
素晴らしい集会のようですね。確かにこうして、さよさんが用いられていることは、本当に恵みの中の恵みで、幸いなことだと思います。こういう集会には、さよさんのような奉仕者の存在は大きいです。だいぶ昔のことですが、ミクタムのミュージック・セミナーに参加させてもらったことがあるのですが、その中で、講師の岩淵まことさんが、集会における賛美とは、神様と聴衆との間にあって、接着剤のような存在で、なくてはならないものであると言われていたのを思い出しました。そういう方がこの国のどこかで、犠牲を割いて、奔走されているということが、なぜだか嬉しくて仕方がありません。
さよさんが、さらに用いられて、油注がれて、神様のご栄光の現れのために働けるようお祈りします。
//-->
2009.11.28 Sat 20:44
 私は、そんな有名じゃないし、知り合いに頼まれたりして、小さな教会とかでぽつぽつと歌って来ましたが、今回始めて私の教会から沢山の人が来てくださって、身内に応援されているような気がしました。 ちょっと、嬉しかったです!
 私は、神様との接着剤になれるかどうかは定かではありませんが、犠牲を裂いているなんて気持ちは毛頭ありません。
 それより教会に繋がったことで歌が、楽しくなりました。だから、歌う場所を提供してくださるのは、感謝ですし楽しいですよ。
 歌をやめなくて良かったと思います。
トクベーさんもいつかチャンスがあったら、聞いてくださいね。・・・息子さんがインフルエンザなのだそうですね。受験も控えていらっしゃるとお聞きしました。どうぞ気をつけてください。お祈りします。
//-->
2009.11.29 Sun 19:02
”神様のためにクリスチャンアーティストをもっと用いて下さい!”
という私の小さな祈りに、
ここでも神様が応えて下さっています。
私も嬉しいですv-10
//-->
2009.11.30 Mon 11:22
アイさん。いつもお祈りありがとうございます!
 いつも体調が整えられて、当日にあわせることは大変です。
 先日、「千の風になって」を歌っておられる秋川雅史さんが、「毎日運動して夜は、1時に寝て朝9時に起き午前中は、喋らない。午後から練習・本番・・・寝ないと声は出ないと・・」確かにその通りですが実生活は、主婦としてはとうてい出来ません。・・・歌えるって事が怠けているようなコメントに思えました。
 信仰と歌ってこう思うと反するような気もします。私は一日奉仕が入ったら次の日はなるべく休むようにしようと思っています。
 アイさんも体調には、気をつけてくださいね。
//-->
2009.12.02 Wed 12:54

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。