スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シルクフラワー 

シルクフラワーって知っていますか?
本当に本物みたいに見える花なのです!近寄ってみても解らず、手で触ってみると偽物と分かるんですが。
 一見、生花と見間違うほど、精巧につくられた花。
微妙な色合いや、咲ききらんばかりの花の表情は、本物と見間違うばかりです。アレルギーのある人にとっては、ありがたいですね。
実は私の教会での礼拝で使う花は、、牧師一家がアレルギー体質なのでいつも造花なのです!!
※※※※ 『シルクフラワー』とは?調べました!!
 ここ数年で、種類・色が格段に増えたシルクフラワー(アーティフィシャルフラワー)。今までの造花のイメージを払拭させるほど、ハイクオリティなものになってきています。その豊富な種類の中には、質感が「生」により近いものまで開発されました。
 この質感が「生」により近いものは、触れてみると、そのみずみずしさに驚きます。
 主にポリエステル生地でてきています。
 水やりや、枯れたガラ取りなでの手間も心配もいらず、葉や茎の部分にワイヤーが入っていめ為、自由自在に形作ることができ、いろいろな空間にいつまでも美しい状態のまま飾ることができ、楽しむことができます。
そして、シルクフラワーは直射日光に対してもかなり強いです。※※※※※

 今度、田舎に帰るお友達に又、神学校を卒業した信仰の先輩方に街で見つけたシルクフラワーを送ることにしました・・・本当に本物みたいで始め見た時はもう、ビックリしました!
シルクフラワー3 シルクフラワー2
右は、人形を飾ってみました・・
シルクフラワー1 喜んでくれるかしら・・?
本物の花屋とシルクフラワー花屋と隣同士で並んでいて、私は区別がつきませんでした・・!!よ~く見ると解ります。
 でも、なんと言っても本物にはかないませんが・・・便利な世の中です。




Comments

おはようございます!
ほんとだ!写真で見たら精巧に出来てるみたいで
本物みたいですねー!
贈り物にはあとあと残るから喜ばれそうですねー!
ブリーズフラワーって聞いた事があり本物っぽい
加工してあるのかなー良く分からないけど(笑)
といいこのシルクフラワーといい用途で生の花と区別して
使うと良いのでしょうねー
これ手作業で作ってるんでしょうねみごとなアレンジフラワーって感じです(笑)
//-->
2010.04.23 Fri 07:27
Kensuke^^Kさん。おはようございます!
シルクフラワーちょっと見ても本物かな?と思う程、精巧に出来ています。
 でも、あの可憐な本物の花には、かないません。
いつまでも枯れないで綺麗に飾っていられるけど、いつかは飽きてしまうでしょう。本物は、枯れたら捨てるけど、これは、綺麗なまま捨てることになるのかな?
・・丁度、整形した人が顔だけは、若くて身体が歳をとっていくみたいな・・・ああ、それって悲しいな・・。飛躍しすぎましたね。^-^
//-->
2010.04.23 Fri 11:03
さよさん、こんにちわ~
いつまでも飾っておけるから
こんな頂き物は嬉しいですよ
きっと喜んでくれると思いますよぉe-266
//-->
2010.04.23 Fri 15:29
シルクフラワー、ちっとも知りませんでした。そんな造花があるのですね。教えていただいて感謝です。
実は、あのプラスチックでできた、安っぽーい造花が生理的に受け付けなかったのですが、これは、触ってみるまで解らないほどの品質ということで技術の進歩は素晴らしいです。
それより、さよさんが、人に喜んでもらおうと、このシルクフラワーを送ろうと思い立った優しい心が、私にも響きました。

ps:管理者宛てにもう一件コメント書かせていただきますが、もしかして迷惑コメントではじかれるかもしれないので、受け付けられなかったら申し訳ありませんが、ご一報くださいますでしょうか。宜しくお願いいたします。
//-->
2010.04.24 Sat 05:02
このコメントは管理人のみ閲覧できます
//-->
2010.04.24 Sat 05:19
はじめまして。楽しいブログを見せてもらっています。認知症のことは、本当に勇気付けられました、ありがとうございます。私とワイフは、3年前までカナダに暮らしていました。そこで、クリスチャンになりました。カナダには4年間住んでいたのですが、本当は永住するつもりでした。でも、ワイフが神様から、日本へもどって福音を伝えなさいという啓示を受けたので、家も車も家具もすべてを処分して、もどってきました。日本から一緒に連れて行った犬2頭と猫3匹も無事に連れて帰ることができたのは神様の導きがあったからです。とても、人の力だけではカナダへの往復はできることではありませんでした。今は、小林一茶(知っていますか?)のように、信州の山奥で、自然に囲まれて暮らしています。もちろん、ここ長野県は神仏のメッカですから、イエス様の地として立ち上げるには、ここだと選ばれたのだと思っています。いつもカナダでの生活を思い出しては、今の日本で暮らす大変さを感じています。これからもどうぞよろしくお願いします。
//-->
2010.04.24 Sat 08:31
TOKKOさぁん!こんにちは。
明日の日曜日、プレゼントします。その方は、アメリカに帰られるのです。向こうの方がもっと良い物があるかも知れないのですが、日本での記念に。
喜んでくださったら嬉しいな・・v-254
//-->
2010.04.24 Sat 11:38
トクベーさん。シルクフラワー機会があったら、本物を見てください。私の写真はヘタなので上手く取れませんが、本当に精巧です。
 香りがないだけで本物のように見えますから、不思議ですよ。
//-->
2010.04.24 Sat 11:41
hiroerinaさん。ここでは、始めまして。
ブログ拝見させて貰いました。
山奥での暮らしは、のんびりしていて懐かしい想いがしますね。でも、日々の生活となると色々大変なことがあるでしょうね。
 猫のビックちゃん。可愛いですね。猫好きなのでニャンコの記事は気になります。
大変なおもいをしてカナダから戻ってこられたのですね。私は、埼玉県に住んでいます。
これからも宜しくお願いいたします。
hiroerinaさんのブログに書き込みをしようと思いましたが、出来ませんでした。会員登録が必要ですね。
//-->
2010.04.24 Sat 11:52

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。