スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖歌570番 雨をふりそそぎ 

carol570.mid
(1'06'' / 8.05kb / S,F)


さよのお葬式で歌って欲しい歌です。雨ってうっとうしいですよね。外にも出られないし、運動会やいろいろなイベントも廃止になったり・・・。特に今年は台風が多くて降り注ぐどころではなく、大雨で多くの被害も出ました。

しとしとの雨でも外に出たくありませんよね。でも、さよは外に出なかったら運動不足になってしまったことがあります。いつだったか思い切って傘を差して買い物に出かけました。ところが、雨が降るとスーパーも人が少なく特売を始めます。ゆっくり買い物も出来るし、店員の対応もいつもより親切です。これは穴場です!

それからしとしと、ぽつぽつの時は運動がてらに外を歩くことにしました。歩いているとこの歌が頭をよぎります。渇いた心に主の恵みがしみ通ってくるような感じがします。雨のごとく主の御言葉は、私の心に降ってくるのです。自然の恵みを思い起こします。太陽の光も、空気も、水も全て神の計算しつくされた大いなる恵み。そのうち、雨の中の散歩が楽しくなりました。  

「雨をふりそそぎ恵みたもうと~…」と歌いながら、足下はピッチピッチちゃっぷちゃっぷランランラン~ん?と。


詞:Daniel Webster Whittle 曲:James McGranahan
----
雨をふりそそぎ 恵みたもうと
神は愛をもて 誓いたまえり

(おりかえし)
夕立のごと あまつ恵みを
イェスよ今ここに 注ぎたまえや。

雨をふりそそぎ 強き音もて
眠る民の目を 覚ましたまえや

雨をふりそそぎ 神の言葉の
変わりなきことを 示したまえや

雨をふりそそぎ 一人びとりに
奇(く)しき汝(な)が業(わざ)を 見させたまえや


Comments

こんにちは。またお邪魔してます。この曲をHPにお借りしますね。
最近私のところでは雲や雨が続いていました。でもこの曲を聴くと、明るい気持ちになりますね。
//-->
2006.07.17 Mon 09:28

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。