スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年のクリスマスカード 

 今年もいよいよクリスマスの時期が近づいてきた。
私が、ボランティアをしている老人ホームも9回目のクリスマス会を12月22日に控え、毎年入所者の方々に手作りしているクリスマスカードの制作に取りかかった。
 以前は、色々と凝って作っていたけど、年々私も奉仕等で忙しくなり入所の方々全員分の100枚のカードを手作りするのが困難になってきたので、去年から同じ手作りでもパソコンを使って時間短縮をした。
今年のカードは、下記だ!!・・入所者の方には、まだ内緒だよ!
カード1 カード2

100枚準備。後は、一人ずつの名前とコメントをカードに手書きするところまで出来たよ!去年からカードにトラクトも入れている。
今年のトラクトは、福澤満雄師の“すばらしい喜びのおとずれ”だ。
先生は、ジャパンクルセードの主幹をされていて、日蓮宗からキリスト教へ回心された方だ。どうぞこのカードとトラクトが用いられますように・・。


Comments

こんな手作りのカードをもらうと
嬉しいでしょうね~
手書きでコメントまで!!
語りかけられているようで
きっと、
大切な宝物になりますよv-238
//-->
2010.11.26 Fri 11:02
TOKKOさん。こんにちは。
何だか、最近私は、疲れています。
奉仕をたくさんしていますが、こんな事求めてはいけないのかも知れませんが、皆さんが本当に喜んでくださっているのかどうなのかが解らなくなっています。
 長く、奉仕をやっているとそれが当たり前になって感謝の心は、薄れてきます。それでも、人の罪のためにもっと苦しまれたイエス様を思う時、人から喜ばれることなど期待してはいけないと思い返します。だから、9年間も奉仕が続けられてきたのだと・・。
 人の思惑なんかに動揺されない人間になりたいですね。いつでも愛のある人間になれるのでしょうか・・。
//-->
2010.11.27 Sat 10:29
こんにちは。100枚ものクリスマスカード、作るのも書くのも大変だと思います。自分もそろそろ始めなければなりません。
今、ジョン・ビベア(John Bevere)という人の書いた、「サタンの策略(The Bait
of Satan)」という本の翻訳を始めていますが、この本に書かれていることは
とても役に立ちます。親しい人を愛したり、親切にしてあげても、その人から
何かを求めてはだめだということです。かえって、その人のことを思えば思う
ほど、相手からいやがられたり、感謝されなかったりした時に、自分の心の
なかに怒りが生じます、それがサタンのわななのです。
ですから、誰かに何かをしてあげる時には、それは相手にするのではなく、神様に対して賛美しているのだと思うように、と書かれています。
そうすれば、天の御国に宝を積むことになるし、いつかは神様からの祝福が
与えられるからです。疲れずに、あきらめずに、神様への奉仕をしたいと
思います。
//-->
2010.11.27 Sat 10:55
hiroerinaさん。こんばんは。
 おっしゃるとおり、私は別件でやはり勘違いして、怒ってしまいました。自分では、いつも一生懸命なだけに裏切られた時の思いは、本当に悔しく思うのです。自分に余裕がないので考えがまとまらずイライラ状態が続きます。
 どんな状況にあっても神様を見上げていなければならないと思っていましたのになかなか、理想には近づけそうにありませんね。
 まだまだ、未熟です。
//-->
2010.11.29 Mon 00:26
クリスマスカードかぁ
最近ご無沙汰だ(笑)

こういう贈り物…良いですね
//-->
2010.12.12 Sun 20:40
コンポさん。こんばんは。
今年も出来ました!!クリスマスカード100枚!!
10日後に迫った老人ホームのクリスマス会で、配ります。
 私は、貰う方は少ないですが、配る方は、毎年大変です。年末のイベントの一つになっています。
喜んで貰えると嬉しいものですよ。
//-->
2010.12.12 Sun 23:25

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。