スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マルタ 

 マルタとマリアの姉妹の物語
イエスが、旅の途中姉妹の家に立ち寄られた時の話です。
姉のマルタはイエスを喜んで出迎え、もてなしのために忙しく働き始めます。
一方、マリアは「主の身元に座って、御言葉に聞き入っていた」というのです。これは、彼女がイエスの話に関心を抱いて聞くことを「選んだ」と言うことなのですが、これも客人をもてなす大切なことです。
 それぞれの仕方でイエスの訪問を歓迎したわけです。
しかし、その時マルタは、色々もてなしのために落ち着かず何も手伝わないマリヤへ不満が出てしまったのです。
 これは、誰にでもある話です。仕事が忙しくなると、暇そうに見える人に対して「手伝ってくれればいいのに」という不満が出やすい物です。
人は、忙しかったり悩みを抱えたりしますとどうしても視野狭窄になり全体が見えにくく、他者に対して否定的になってしまいます。
 マルタの場合も少し余裕があれば、忙しい私の代わりにイエスの話を聞いてくれている。後で教えて貰おう・・。と言う気持ちになれたのかもしれません。
 読み方にもよりますが、この話は、何となくイライラしているマルタに問題があって、静かにイエスの話に聞き入っているマリヤが正しく見える。それは、イエスが「あなたはいろんな事を心配して、気を遣っています。しかしどうしても必要なことは一つです。マリヤはその良い方を選んだのです。」という言葉の持つ雰囲気や少し結論に引っ張られた読み方がそうさせているようです。
 しかしイエスは、マルタに対してあなたは、間違っているとは言っておられません。マルタは、色々のことを心配し、気を遣ってもてなすことの出来る人です。お客を迎え相手に喜んで貰おうと気を遣うマルタの役割は誰かがしなくてはならない大切なことです。
 私達の日常生活も毎日の大部分が家事、子育て、労働など、マルタの世界です。
 では、イエスは、マルタに何を語ろうとされたのか?
それは、彼女の家庭的、日常的な務めの否定ではなく、妹マリヤは、今どうしても必要な「良い方」を選択したのだから邪魔をしてはいけない、と言うことだったのです。
 マルタの世界に身を置く私達は、同時にマリヤの世界を心の中心に持っていなければならない。
 遠慮なく、「不公平じゃありませんか?少しは手伝いをするように、おっしゃってください」などとつぶやけるマルタはイエスとなんと親しい関係にあったことでしょう。


Comments

こんにちは。年末で忙しくなると、このみことばが浮かんできますね。
明日のいのちさえどうなるかわからないのに、人は先へ先へと
自分の予定を追い続けます。
イエス様の愛は、誰かに片寄ることなく、マルタにもマリアにも、
そしてラザロにも注がれていることがわかります。
毎日、朝一番の祈りで、「神様の愛によって、この地上で生かされて
いることに感謝します。」と言っています。神様の愛は、太陽の光から
始まりました。すべての生物のいのちのみなもとです。
//-->
2010.12.12 Sun 06:52
hiroerinaさん。こんばんは。
今年もあと、20日あまりなのですねぇ。
私も神様に感謝の祈りを、朝に持ちたいですね・・。
時間時間と追われていたのに、何気なく受けた健康検査で引っ掛かってしまいました。
 火曜日は、また検査です。
命や健康に感謝ですね。
//-->
2010.12.12 Sun 23:32
今日は雨が降ってます
冬の雨の冷たさは
嫌やなぁ。。。と思いますけど
雨が必要なのも確かなことv-237
私もイライラ、
憂鬱になるのはやめなきゃね~(笑)
//-->
2010.12.13 Mon 14:22
TOKKOさんの所は、昨日は雨だったのですか・・?
こっちはポツポツ降る程度の雨でしたよ。
今朝は、曇っていて一日、雨かなと思っていましたら午後からは、晴れています。
 何でも憂鬱になって考えても起こることは、必ず起こるし、悩もうが何しようが死ぬ時は死ぬし・・。
・・・と考えているとね。悩む分だけ損をしているような気がするんです。
 だから、自分の手に負えないところは神様に預けて、もうなるようになるさ・・・ケセラセラ何です。・・・いつも私は。
おおらかだって言われますよ・・アホかもしれないけど・・。
 
//-->
2010.12.14 Tue 16:16

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。