スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然の訃報 

突然の訃報
コラージュ1 コラージュ2


今日は婦人会でコラージュ(雑誌を切り抜いて貼って作る)つくりでした。楽しいはずだったこの日。まさかの突然の電話!!
同級生が、召されたなったという訃報。
もうビックリ!!
桜だってこんなに綺麗なのに、こんなに気持ちの良い日なのに!!あらためて思う。本当に人の命は、計り知れない。 
桜

将来はどうなるのか誰も解らない.けれども少なくとも今日、神から御言葉を聞いたその通りに生きよう。明日の事は解らない.明日を神にゆだねる事が出来てこそ、今日本当に神に従って生きる事が出来る・・・。
明日は葬儀。
私も後悔のない人生を歩みたい。


Comments

こんにちわ… 同級生の方の突然の訃報…さよさん、ショックでしたね…
私も五十路を超えてから、たまにこういう訃報をききます。

ホントに、人生一寸先は解りません…私もたまに過去の失敗なんかにとらわれてクヨクヨしたりすることもあるんですが…そんなもったいないことせずに今を精一杯、過ごそうって思いました。 私たち信仰者には、神様にゆだねるっていう特権があるんですもんね !
逝去された方、ご家族の方の平安をお祈りしています。

//-->
2012.04.13 Fri 09:47
シャロンさんこんにちは~。
本当にこの時、生きている一時がいかに大切か思わされますね。昨日は、朝のお別れの会から告別会、骨を納めるまで出席しました。命ってはかないねぇ・・。
 いろいろな苦しいところを通らせられて、やっと幸せに過ごされている人だったので、もっと生きて欲しかったなぁと、思いました。歌や合唱の指導もしていたので「先生」と慕われていくつかの教会の方も出席されておられました。
また、明日は所属教会での告別式がありますので、それにも参加します。
//-->
2012.04.14 Sat 13:13
こんにちは。知人や友人、家族の悲報を知るのは、生きている者にとって、とてもつらいです。それも、この世を去ってから知らせが来ると、またサタンに先回りされたという悔しさがあります。事故などで突然にいのちを落とすのでなければ、自分たちがとりなしの祈りをする時間があるのですが・・・
そばにクリスチャンの人がいれば助かるいのちが、失われていくのはくやしいです。
//-->
2012.04.14 Sat 16:12
hiroさん。有り難う御座います。
 友人は、クリスチャンです。ご主人も教会の皆さんも祈られてきました。きっと召される時期が来ていたのだと思います。
なるべく周りの人には、心配をかけたりするから知らせたくなかったようです。
 ずっと幸せに薄い人だったのですが、今のご主人と結婚されてからは、平穏な幸せな時期を送られて本当に良かったなと思っていました。
明日も都内の所属教会で告別記念会に出席します。
//-->
2012.04.14 Sat 16:23

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。