スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


善き力に守られて 

"Von guten Mächten wunderbar geborgen"(善き力に守られて)。ナチス時代に殺された牧師、ディートリッヒ・ボンヘッファー(Dietrich Bonhoeffer)が、獄中から婚約者へ書き送った詩からできた賛美歌で、ドイツではこのクリスマスの時期によく歌われるそうです。


善き力にわれ囲まれ

善き力にわれ囲まれ
守り慰められて
世に悩み共にわかち
新しい日を望もう
過ぎた日々の悩み重く
なおのしかかる時も
さわぎ立つ心しずめ
み旨に従いゆく

善き力に守られつつ
来るべき時を待とう
夜も朝もいつも神は
われらと共にいます

たとい主から差し出される
杯は苦くても
恐れず感謝をこめて
愛する手から受けよう
輝かせよ主のともし火
われらの闇の中に
望みを主の手にゆだね
来るべき朝を待とう

善き力に守られつつ
来るべき時を待とう
夜も朝もいつも神は
われらと共にいます




この讃美歌の歌詞のもとになったのは、
神学者だったボンヘッファーが獄中で書いた手紙ですが、
その手紙が書かれたのは、ボンヘッファーが処刑される数か月前だったそうです。
誰もが絶望に襲われる状況の中で、希望を抱き感謝を忘れなかったボンヘッファー。
真の信仰者の姿だと思います。


Comments

ドイツ語の曲ですが、どんな歌詞なのかを知りたくて
インターネットで探しましたが見つかりません。
ローマで捕らわれていたパウロの最期のような
感じがします。
//-->
2015.02.09 Mon 18:23
Hiroさん。 
 私も日本語訳を見つけましたが、ありませんでした。
知り合いのご主人がドイツ人の方がいるので
時間が出来たら聞いてみたいと思います!
//-->
2015.02.11 Wed 23:31
インターネットで歌詞を見つけました。
新生讃美歌73 番というタイトルです。
http://hidamariblog.jugem.jp/?eid=1018
全部が翻訳されているようではないのですが
歌の意味は伝わってきます。
//-->
2015.02.12 Thu 08:19
hiroさん。有り難う御座いました!!
今、歌詞をUPしました!
この方が解りやすいですね
//-->
2015.02.16 Mon 18:24
さよさん、歌詞の追加をありがとうございます。
もっと個人的な内容かと思ったのですが、それでは外部に持ち出すことが
できなかったのでしょう。日本語で歌っている画像もありましたが、撮影した
画面と音がきれいではない(手持ちでの撮影のため)のが残念です。
さよさんが歌っているのを聴きたいです。
//-->
2015.02.17 Tue 14:13
hieoさん。有り難う御座います~!
今の曲が歌えるようになったら、挑戦してみようかなあ~(^o^)
美しいメロディーですねえ~
//-->
2015.02.19 Thu 23:24

Comment Form

 (投稿後もコメント編集できます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。