目次 : 他

  • 秋風 
  • 主よ 
  • 轟き 

<< prev |

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒猫道-東京事変 

東京事変の黒猫道、始めて知りました。最初は、曲のイメージが掴めなかったのですが、歌詞を見て面白いと想いました。この曲は、耳コピですので原曲とは違います。途中、アレンジで演奏されていましたのでその部分は、こちらもアレンジにしました。
 以前の記事で11月8日に訪問してくださった“フルーツポンチ侍”さんのリクエストです。楽譜出来ましたよぉ~~。
 図らずも我が家には、黒猫の“タンゴ”と言う6歳になる家族がおり、最近4ヶ月前に家族になった仔猫で茶白の“チャチャ”に毎日、追いかけられ(^^)情けなくも負け続けておりましたとさ。
 一時は、体重も減り胃の中に毛玉居候故、入院と相成った次第ですが、今は、以前のおも~い体重に逆戻り!!身体がでかくて気が小さいタンゴは、チャチャにも慣れて抵抗できる程に成長しました・・・(a.a)
 この曲は、タンゴの応援歌のつもりで造りました。


kuronekodou.mid
(2'50"/ 22kb/s)



1退いたのいたほら オレサマのお通り
 僕は闊歩しつつ唱えてる『黒いのは条件反射」
 吠えるものか 今日もまるで無勘定だ
 除け者にされても良いから かまうなよ人間関係

☆立ち止まって 撫でられるのも
 クラクションを ならされるのも
 手ぐせで尻尾を掴まれるのも
 もう 毛頭堪忍
 誰も立っていない道を行け 頭一個の狭さで行け
 黒くなって人目につかぬ様に さあ急いで急いで※

2前を向いたら 後退不能なのだ
 僕は譲歩しつつ構えてる「黒いのは防衛本能」
 吠えるものか今日もまるで 不干渉だ
 除け者にされても良いから かまうなよ人間関係

 冷たくても大きな獣 吐息が温かい生き物
 彼らを食さぬ僕を 臆病者なんて云うな
 魚と葉っぱで生きられる 無駄な殺生を避けていける
 四六時中喪に服し 涙を呑む信心者さ
☆へ
※退いた退いた ほら俺さまのお通り
 不吉と嫌われて丁度良い かまうなよ人間関係



楽譜(PDF形式)はこちら


光の子 

今日は、12月を思わせるような本当に寒い一日でした。今回は、TOKKO&トクベーさんの“光の子”という曲を歌ってみました。TOKKOさんの詩は、優しくて、子供を思う親の気持ちがとても良く表れている作品でした。歌っていて、神様の愛を沢山詩に託して伝えたいと言う思いが感じられました。
 歌も柔らかさを表現したかったのですが曲想も言葉もなかなか難しかったです。
 ただの語りになってしまわないように、暖かな日だまりの中で小さな子供をあやしている母親の姿を思いながら、歌ってみました。
・・・私は、もう遠い昔の情景になってしまいましたが・・。

光の子   詩:TOKKO 曲:トクベー&キーボー
(3'30"/3286kb/pm3/s)



安らかな寝息と
あどけない寝顔
この世に生まれた
けがれない命
君の幸せを
願っているよ
心から
君を守っていくよ

神様がこの世に
届けたメッセージ
天使のほほえみ
愛する喜び
いつのときにも
太陽は輝いて
神の祝福は
枯れることはないよ

抱きしめた温もり
握り締めた指
たとえ悲しみが
君にふりかかっても
迷うことはないよ
自分を信じて
まっすぐに
光の子らしく歩きなさい


秋風 

 秋本番ですが、最近は本当に寒い日と暖かい日の差が激しくて、体調もおかしくなりそうですよね。
 今日は、伴奏あわせで、遠路はるばる群馬近くまで行ってきました。帰りの電車では、ず~っと寝てばかり・・。よく乗り換える直前に目が覚めたもんだと。自分の熟睡をあきれております。口を開けてよだれ垂らしてなかっただろうか・・・?(誰も回りは知らない人ばかりだから良しとしよう)(ーc。ー)zzz
 トクベーさんの2曲目です。
秋のもの寂しい感じが良く出ている曲で、前曲とはまた、違う雰囲気で歌っていて楽しいし面白いです。ちょっと個性的な曲で感じがなかなか出せず、今日また撮りなおしをしましたが・・・。よくこんな発想が出来るなぁと感心します。

秋風  詩・曲トクベー&キーボー
(2'45"/2575kb/mp3/s)


街を歩く心閉ざし
道を見つめながら

自分の影踏みしめてた
淋しさだけが残ってる

不意に落ちた枯葉の色
眺めながらそっと

今の気持ちつぶやいてる
誰かが癒してくれたら

この風に吹かれて
今わたしの想い

流す涙消えるように
何もかもが変わるならば

私はこの風に身を任せてもいい
全てを主に委ねてもいい


主よ 

トクベーさんが、とても素敵な曲を書かれていますので、歌って見ました!今回2度目の挑戦です!
トクベーさんの曲は、ポップス系でクラッシックしか知らない私には難しい分野で本当に勉強になります。この曲は、クラッシックに近いので選んでみました。

 もっと自然に歌詞や曲の良さが伝わればいいのですけれど・・・。
トクベーさん、イメージが変わってしまったら、済みません。耳をふさいで聞いてください。

主よ  詩・曲トクベー&キーボー
(3'57"/3698kb/mp3/s)

主よ この身を 抱きたまえ
重荷を負いて 臥す我おば
慰めと いたわり 与えし
尊き御手に 憩うべしや

主よ この身を 支えたまえ
よせ来る敵を 打ち倒して
勝利の主が 共におられる
強き御手に 頼るべきや

主よ 我が罪 聖めたまえ
惑わすものを とり去りたもう
喜びと 幸い 与えし
主の十字架 ありがたしや

アーメン


愛の言葉 

しばらく、声帯の使いすぎでまともに歌の練習が出来なかったさよですが、久々にトクベー&キーボーさんの作曲された「愛の言葉」という曲を歌ってみました。
 以前、「よかった」と言う曲でさわりの部分をUPしたことがありますが、全曲UPは、初登場です。
私ソプラノで普段は、殆どクラッシックしか歌っていませんのでポップス系の歌は、ヘタなのですがお時間がある方どうぞお聞きください。
 そして、歌を聴いて少しでも皆さんの心が、元気になって欲しいと思っています。

愛の言葉  詩・曲 トクベー&キーボー
(2'24" / 2254kb / mp3 / S)

あなたが残してくれた 愛の言葉
私の歩く道を照らしてくれた
いつでも そばにいてくれるあなたが
私をその手で守って導く

あなたが残してくれた 愛の言葉
私の心の中を知ってくれた
どんなに深い悲しみの中でも
あなたのやさしいその声聞こえる

愛するイエス様
私のイエス様


禁じられた遊び - ALI PROJECT 

jeux_interdits.mid
(4'20'' / 83.0kb / F)


何でクリスマスシーズンにゴスロリなんだという感じですが。
初めてポップスをmidiにしました。ピアノの部分は一台で弾ける連弾です。
前回作った「轟き」はピアノ曲の癖に逆立ちしてもピアノでは弾けないというシロモノだったため、今回は頑張りました。今度実際にチェレンジしてみたいと思います。もう何年も弾いてない手でできるかなー?

オリジナルのままをピアノにするとどうしても不自然になるので、変更した和音が一箇所あります。なので完全な耳コピではありません、あしからず。

楽譜(PDF形式)はこちら


轟き 

todoroki.mid
(0'51'' / 8.86kb / F)


オリジナルです。なぜか重い短調になっちゃいました。
イメージとしてはブルグミュラーのアラベスク。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。